FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


04月 | 2019年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


元夫がアルコール依存症になった

2019/05/15(水) 12:00:00
82 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/05/12(日)09:27:49 ID:gn9
元夫がアルコール依存症になった時が修羅場。
きっかけは転勤で、転勤先の空気が元夫に合わなかった。
その土地の悪口になるから詳しくは書けないけど、気風が違い過ぎた。
私は資格職でどこに行ってもまあまあ働き口はある。
でも夫は潰しがきかない業種で、だから会社にしがみつこうとしてストレス解消のため酒に逃げた。
もともと毎晩晩酌する人で、一日ビール2~3本だった。でも段々隠れ酒するようになっていたようだ。
間の悪いことに私の親が病気をして、一カ月ほど実家に帰った。
元夫がやけに機嫌よく後押ししてくれるなーとは思ったんだ。私がいない間、飲めるからだったんだよね。
全然気づかなかった。
毎晩電話とLINEはしてたんだけど、「ゆっくりしてていい、家のことはいいから」ととても優しかった。
浮気は全然疑ってなかった。浮気できるタイプじゃないと思ってたし、元夫は人見知りだから。
で、一カ月して戻ったら、元夫は別人になってた。
ものすごく被害妄想が強くなって、猜疑心の塊になって「あいつはバカだクズだ、おれを陰で笑ってる」と悪口ばかり。
その頃夫は出社する直前にウイスキーを飲まないと出社できなくなってた。
家を出る時はシラフ→電車で会社へ→会社のトイレで飲む→タイムカードを押すという流れ。
会社でもずっと飲んでたらしい。
夫は私より帰宅が早いので「帰りに一杯ひっかけてきた」「先に晩酌してた」と言われると信じるほかなかった。
この頃から「飲み過ぎじゃない?」と注意すると怒鳴られ、物を投げられるようになった。
でも恥ずかしながらアルコール依存症だと思ってなかった。
会社がストレスで酒量が上がったんだと思い、家でくらい安らぎたいだろうから、やさしくして癒やしてあげなきゃと思っていた。
この頃は休日に映画に誘っても(元夫は映画が大好きだった)ずーっとイライラして怒鳴りつけるだけで
とにかく一人になりたがってた。私がいると飲めないから。寝室も分けられた。
その頃の元夫は昔とは180度別人で、つねにイライラして怒りっぽくて、絶えず誰かの悪口を言ってたけど、
まだ外面を保つ余裕はあって私以外の人の前では愛想がよく腰が低かった。
だから「私にだけ甘えてるのかな」と思ってた。
で、また親の容態が悪くなって、また十日ほど帰省した。戻ったら元夫は元夫の残骸みたいになってた。
朝起きた瞬間から飲んで、ぶっ倒れるまで飲み続けて、また起きて飲むという生活になっていた。
会社は全然行けなくなってた。
何がすごいって、歩きながらウンコ洩らすんだよね。歩きながらボトボト落としていくの。
それ見てやっと「あ、この人病気だ」って気づいた。
でも本人は病院へ行きたがらないし、私よりずっと大柄だから引きずっていけないし、無理強いしたら暴れるしで、
ここでまた悶着があって結局拘束衣着せて強制入院になった。
いったん退院できたけどスリップ(また飲み始めること)して、今度は物を投げるんじゃなく完全な暴力になって
医師に「あなたはイネイブラー(依存症患者に誤った支え方をしてしまう人)になりかけてる」と指摘されて離婚した。
その後、元夫はさらに入院とスリップを繰りかえして、今は断酒してる。
GWに映画館に行ったら元夫がいて、少し立ち話したら表面上は昔の元夫に戻ってた。
もう私は他人だから外面を見せただけかもしれないけど、好きだった頃の元夫だったから少し泣けたわ。
ご家族が「飲むと性格が変わる」ようになったら注意してあげて下さい。
元夫がああなってわかったのは、飲んでも変わらないとか、陽気になる人はどんなに飲んでもアルコール依存症からは遠いです。
病棟にいたアルコール依存症患者、ほぼ例外なく被害妄想と猜疑心の塊で24時間イライラして、めちゃくちゃ性格が悪くなってた。
気弱な人が上記のようになったら、医者に診せて下さい







関連記事
スポンサーサイト
体験談TB:0CM:17
<< 幼児語ホーム全記事一覧幼稚園から高校までずっと、幼馴染の母親に粘着されてた >>

コメント

俺は在職してた頃、仕事のストレスで家に帰って即蒸留酒飲んだり毎日ワイン一本空けたりしてた頃があったけど、アル中にはならなかったな。

つまり、呼吸と同じくらいに酒を飲まないとアル中にはならないのか?元夫はめちゃくちゃ飲んだのか・・・。
#-|2019/05/15(水) 12:09 [ 編集 ]

ここに書いても意味はないかもしれないけど、読んだ人に勘違いして欲しくないので一言だけ。

>元夫がああなってわかったのは、飲んでも変わらないとか、陽気になる人はどんなに飲んでもアルコール依存症からは遠いです。

うちの親父は飲むと陽気になる人だったけどアルコール依存症になりその後は50代なのに腰の折れ曲がった老人のようにしか歩けなくなり最後は膵臓癌で死んだよ。
アルコール依存症は誰でもなりうる病気です。自分は平気、なんて思わないで。
#-|2019/05/15(水) 12:48 [ 編集 ]

アルコール中毒でしょ?今は依存症って言うの?
#-|2019/05/15(水) 13:02 [ 編集 ]

中毒っていうと肉体的な症状を指すけど(気持ち悪くなって倒れる的な)
依存症だと飲まないとやっていけない精神的なものを指すのでは
アル中っていう俗語だとどっちも指す気がするけど
#-|2019/05/15(水) 13:52 [ 編集 ]

アルコール中毒とアルコール依存症は定義が違うよ
#-|2019/05/15(水) 13:53 [ 編集 ]

広告の鴨ちゃんも、戦地のストレスでアル中になったんだっけ。
#-|2019/05/15(水) 14:28 [ 編集 ]

前のコメントにもあるけど、

>飲んでも変わらないとか、陽気になる人はどんなに飲んでもアルコール依存症からは遠い

これは誤解を招くな
#-|2019/05/15(水) 14:46 [ 編集 ]

泣けた。😌

>GWに映画館に行ったら元夫がいて、少し立ち話したら表面上は昔の元夫に戻ってた。
もう私は他人だから外面を見せただけかもしれないけど、好きだった頃の元夫だったから少し泣けたわ。
#-|2019/05/15(水) 16:13 [ 編集 ]

肉体的な意味のアル中は治らない
ただひどい状態とその間の時期があるだけ
沢山飲酒しても鍛えられない
ただ命を守るブレーキがじわじわ壊れていくだけ
#-|2019/05/15(水) 21:32 [ 編集 ]

酒がアカンようにするのではなく
その人が元々アカン人だということを酒が暴く
#-|2019/05/15(水) 21:52 [ 編集 ]

なんかすっげえ他人事って感じだな
#-|2019/05/15(水) 22:07 [ 編集 ]

もう他人じゃん
#-|2019/05/15(水) 22:09 [ 編集 ]

むしろ情緒たっぷりに書かれたら2行でバックするわ
#-|2019/05/15(水) 22:44 [ 編集 ]

酒飲みすぎてウェルニッケ脳症までなった人見たことあるけど、60歳くらいなのに介護施設に入らないといけなくなってた。アルコールは薬物だって忘れちゃいけないと思う。依存症も治療しても脳への不可逆的なダメージは残ってるからね。認知症リスク高くなる。
#-|2019/05/16(木) 10:36 [ 編集 ]

※10
誰でも壊れるぞ、酒を甘く見るな
#-|2019/05/16(木) 12:59 [ 編集 ]

アルコールの分解能力が良くてもダメなんだってね
肝臓がその分働きすぎて疲れてしまうらしい
#-|2019/05/16(木) 13:19 [ 編集 ]

↑もうね、周囲から「顔が黄色いような・・・」
って言われて、本人も自分が黄色いのが
わかってるのに隠れて飲むのよ
#-|2019/05/16(木) 19:07 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/32872-45847d04

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.