FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


「耳をすませば」

2019/02/05(火) 12:00:00
435 名無しさんにズームイン! 2019/01/11(金) 21:01:25 IYuXRo/l0
これ鬱アニメって聞いたんだけどマジ?
火垂るの墓くらいダメージ受けるなら見るのやめようと思うんだが

530 名無しさんにズームイン! sage 2019/01/11(金) 21:02:08 6LqbMFoO0
>>435
充実した青春を送ってればノーダメ

636 名無しさんにズームイン! 2019/01/11(金) 21:02:52 IYuXRo/l0
>>530
完全にAUTOです
ありがとうございました





関連記事
スポンサーサイト
バカ回答TB:0CM:8
<< 応援する人と応援される人。どっちになりたい?ホーム全記事一覧家に泊めて >>

コメント

最近地上波で流れてるの見返したら
「恋愛を通じて自分の将来とかやりたいこととかアイデンティティとかを見直して、それに向かってひたむきに努力する、少女の成長物語。」と受け取ったけどな。

俺だって暗黒の青春時代だったけど、恋愛要素だけって話でもないし、何度見ても面白い作品だと思うよ。
#-|2019/02/05(火) 13:39 [ 編集 ]

特に夢も無くダラダラ学生やってたからそっち方面でも大ダメージです
#-|2019/02/05(火) 15:18 [ 編集 ]

原作無視の上に、近藤監督に宮崎駿が口出した感が端々見えてモヤモヤする映画。
一応、本人も後悔してるらしいがな……

#-|2019/02/05(火) 16:20 [ 編集 ]

生々しい団地の暮らしとか中学生らしい悩める真っ直ぐさとかが面白いよね

恋愛もせずダラッと生きてた青春持ちだけど別に同一視して悲観したりしないなあ
「おお、世のリア充とやらはこんな人生を送っておるのか」と興味深く見てる
クリスマス終了のお知らせとかのネタが別に面白くないのと一緒な感じ?
#-|2019/02/05(火) 18:20 [ 編集 ]

↑本人ってパヤオ?近藤さん?

パヤオが自分が監督じゃないのを良いことに好き勝手やり過ぎだろう…ってのは同意。

あのオッサンはクリエイターとしては凄いけど、人としては本当に色々と酷い(笑)
#-|2019/02/05(火) 18:25 [ 編集 ]

近藤喜文さんは後悔できるほど長く生きられなかったのだ。
そして彼を殺したのは高畑勲。
#-|2019/02/05(火) 19:08 [ 編集 ]

別に自分も充実した青春送ってはないけど
耳をすませば見ると鬱になるってのは
誇張したネタだと思ってるんだけど本気で言ってる人いるの?
#-|2019/02/06(水) 07:11 [ 編集 ]

>>※1
恋愛要素だけじゃなくて、自分の将来や夢を応援してもらえる家庭環境になかった人とかも
見ていて複雑な気持ちになるらしいよ
#-|2019/02/06(水) 19:15 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/32151-a98f48a4

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.