FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


復讐

2018/11/28(水) 03:45:07
896 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/11/27(火)12:49:59 ID:Dfk
色々時効と思うのでフェイク多めに入れて書く。
近所の人が読んだらすぐわかるだろうけど。
県外に嫁いだ友達が、ある日赤ちゃんを連れて遊びに来た。
友達は痩せていたが「母乳をあげるとどんどん痩せるんだ」と言っていたので信じた。
友達は楽しそうでよく笑った。「赤ちゃんはかわいいが、たまに一人になりたいときもある」と言うので
「じゃすぐそこに喫茶店があるから、コーヒー一杯分休んできなよ。その間赤ちゃんを見てるよ」と、
私は友達を喫茶店に案内し、赤ちゃんと帰った。
しかし二時間たっても友達は帰ってこなかった。携帯にかけたが応答なし。
怖くなって友達の実家に電話した。友達の母が来たので赤ちゃんを渡し、私は警察に電話したり、あたりを探した。
結果的に言うと友達は自殺していた。方法は伏せます。
最初のうちは自殺か事故かわからなかったが、あとで遺書が見つかった。
きちんとした字で、前から自殺を考えていて清書したらしい遺書だった。
旦那さんが浮気したことや、浮気相手が家に来たこと、旦那さんが開き直って逆に「お前が至らないから浮気した」と責めたこと、
暴力ふるわれたこと
その後旦那さんが改心して、やり直そうと決めたのに、また浮気相手から密告があって続いていたのがわかったこと、
旦那が帰ってこなくなったことなど書かれていた。
ここから友達母の復讐。
友達両親は離婚した。残された赤ちゃんは、友達父と祖父母が養育すると決まった。
友達母は友達の葬式で、喪主の旦那を名指しで「人殺し」と糾弾。
遺書を読み上げ、旦那の浮気相手(驚いたことに出席してた)の髪の毛をつかんで引きずり出し、
スカートをまくってストッキングの尻を露出させ蹴りを何度も入れた。
浮気相手が「キャー」と叫ぶも、誰も助けない地獄絵図。旦那は棒立ち。
友達母は火葬場に行くバスに旦那を乗せず、ビンタし「お前にだけは娘の骨は拾わせない」「行きたきゃそこに土下座しろ」
なぜか旦那両親が土下座したが、無視して旦那と旦那両親は乗せず火葬場へ。お骨は分骨なしで友達実家が引き取り、
友達実家のお墓に納骨した。
葬儀は旦那実家がある方の土地であげたので、出席したご近所さんによって壮絶な葬儀の様子は広まり、
旦那と旦那実家は「ばちがあたる」と噂されたらしい。
友達母は旦那と浮気相手に付きまとい。
その頃はストーカー規制法がまだなかったから、警察はちょこっと注意するだけで「お母さんの気持ちも考えてあげなさい」と
旦那さんに逆に説教。
友達母は復讐のために家庭も配偶者も捨てた。
「娘がいない今私に捨てるものは何も無い。刑務所に入ったっていい。何も怖くない」
浮気相手は震えあがり、実家に相談したらしい。浮気相手の両親がお金持って土下座したけど
「金なんかいらない。娘を生かして返せ」と友達母は浮気相手を殴る蹴る。
暴行で逮捕されたけど、すぐ釈放されてまた付きまとい。
一番最初にまいったのは浮気相手父と、旦那母。精神的に病んだ。浮気相手父は退職。
旦那母は家事ができなくなり、家は汚宅に。
次に旦那と、旦那父が病んだ。ともに退職。鬱発症。
浮気相手、自殺したが失敗。後遺症が残った。
浮気相手母は最後まで持ちこたえたけど、友達母に職場で騒がれたのをきっかけに退職。鬱。自殺。
浮気相手は「責任とれ」と旦那を急襲。籍はどうか知らないけど、汚宅の旦那実家同居開始。
しかし溜めたゴミに引火して火事。全焼。死人が出たが誰かは伏せます。
今、旦那の行方はわからない。
友達母は、友達のお墓があるお寺の近くにアパートを借りて独居している。
赤ちゃんが何事もなく成長し、無事に成人したのが救い。








関連記事
スポンサーサイト
体験談TB:0CM:20
<< 中国語っぽい日本語で雑談するスレホーム全記事一覧若い頃すごいサゲマンだった >>

コメント

>死人が出たが誰かは伏せます

何故そこ伏せる
#-|2018/11/29(木) 05:10 [ 編集 ]

ここまで細かいと松っぽい
#-|2018/11/29(木) 06:44 [ 編集 ]

ここまで愛してくれるお母さん羨ましい
#-|2018/11/29(木) 07:32 [ 編集 ]

てか旦那なにげに図太いな
喪主やるわ、浮気相手と続いてるわ
いろいろひでーよ
#-|2018/11/29(木) 08:44 [ 編集 ]

嘘松
#-|2018/11/29(木) 08:58 [ 編集 ]

友人の母しか知り得ない内容がちらほら…
まさか書き主が友人というのがフェイクで…、とまぁ事の真偽はともかく、お母様尊敬するわ
#-|2018/11/29(木) 09:18 [ 編集 ]

壮絶・・・こうならない為にも、
自殺より先に母親に相談できたら良かったのに。
#-|2018/11/29(木) 09:42 [ 編集 ]

赤ちゃん預けられるほど信頼されてた友人だもんな
この人ずっと友人母さんに協力してたんやろなぁ
#-|2018/11/29(木) 10:40 [ 編集 ]

復讐はこうでなくっちゃ!
#CjlWd7YA|2018/11/29(木) 13:18 [ 編集 ]

何故か土下座って言っても、そこはそうするしかないわな。別に火葬場に行きたいんでなく、謝るしかない。
でも旦那は、なんだかんだと女捕まえて暮らしてるんだろうな……
#-|2018/11/29(木) 15:16 [ 編集 ]

火事を伏せたのははぐぐったらばれるからかな
旦那は図太い屑だな、意外と普通の生活してそう
#-|2018/11/29(木) 17:56 [ 編集 ]

この人が預からなかったら、恐らく赤ちゃん道連れだったんだろうな
#-|2018/11/29(木) 18:12 [ 編集 ]

痛快娯楽復讐劇
#-|2018/11/29(木) 19:37 [ 編集 ]

※10
この場合の「なぜか」は旦那じゃなく旦那両親が土下座した事に掛かってるんだよ
厚顔無恥に喪主やったくせに参列させた愛人がボコられても棒立ちだった旦那だ
多分両親が義母に対して土下座してても自分はやらずに棒立ちだったんだろうよ
#-|2018/11/29(木) 22:37 [ 編集 ]

鬼は人から生まれるんだな
#-|2018/11/29(木) 23:32 [ 編集 ]

浮気相手もそうだけど、この旦那(とかこういった人間が)がのうのうとこの世に生きてられるのが許せないわホント。
浮気した人間はタヒ刑でいいよ。
友達母GJ過ぎるが、どんなに懲らしめても飽き足りないよな。
実家に相談してくれれば…と母親も娘を助けてやれなかった自分を責めただろう。
#-|2018/11/30(金) 06:44 [ 編集 ]

両親への追い込みえげつねぇ・・・
さっさと人でなしの息子、娘を見限って絶縁しとけば小さな不幸で済んだのかな。
#-|2018/11/30(金) 12:36 [ 編集 ]

人1人が人生捨てる気で復讐に走ればこれくらいのことができるって見本だね
小中学校の道徳の教科書に載せたらイジメも減るんじゃないかな?イジメた相手が人生捨てる気になれば同じことができるよってね
#-|2018/11/30(金) 13:23 [ 編集 ]

これ書いたの実は話の中の「友人母」に相当する人じゃないかな。
自殺した人は友人こと>>896を訪れたんじゃなくて、実家に帰ってたんじゃなかろうか。
復讐劇としてはあまりに生々しいので「自分がやった」という形では書きづらく
事情をある程度知ってそうな第三者視点にするために友人でっち上げてフェイク入れたんだと思う。
#-|2018/11/30(金) 14:04 [ 編集 ]

友達母、きちんと赤ちゃんに累が及ばないようにしてるのが偉いな。
#-|2018/12/01(土) 10:54 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/31718-34042863

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.