FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


変な事言ってごめん

2018/11/28(水) 03:31:41
236 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2018/11/25(日) 23:22:06.54 ID:ppeg3obi.net
共通の友達の趣味仲間として知り合った彼氏。
付き合い始めてすぐに趣味仲間の友達と数人で集まって、解散になり彼も「じゃあ、おやすみ!」と笑って解散して
帰宅後に彼からラインがきて「今日は君が友達とばかり話してて寂しかった」ような事を言われた。
友達は同性なのでヤキモチではないんだろうけど、友達とばかり話しすぎて配慮が足りなかったかな?と思って
「ごめんね」と謝ったら「いいよ!こっちこそ変なこと言ってごめんね!」と返事が来た。

それから2人でデートして「じゃあ、また来週ね!」とハグして笑ってお別れしたのに帰ると
「今日のデート中に僕がコーヒーとマフィンを頼んだ時に君がコーヒーしか頼まなかったから恥ずかしかった」
とラインが来た。
えー?!と思ったけど甘いものを男1人が頼むって恥ずかしいもんなのかな?と思って
一応「気付かなくてごめんね」と返したら「大丈夫だよ!こっちこそ変な事言ってごめん」と返事が来た。

それからも「髪を巻いてるのがキャバ嬢みたいでイヤだった」とか「鞄を持つよと言った時に断られたのがイヤだった」とか
デート後、家に帰ってから言ってくるのが数回続いたので
「悪いけど笑って別れた後に何で帰ってから言うの?その場でやデート中に言ってくれればいいのに」と言ったら
「そっか…変な事言ってごめん」と返事が来た。

その辺でもう冷めかけてたのに、その次のデートの後にも
「今日はヒールを履いてて僕との身長差があまりなかったのがイヤだった」とラインが来てスーッと冷めた。
「ごめん、もう別れてほしい」と送ったら返事が「変な事言ってごめん」だった…。







関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:7
<< ヴン…ホーム全記事一覧ブックオフが死にかけてる >>

コメント

SHIROBAKOに出てきた糞編集者を思い出して気分悪くなったw
#-|2018/11/29(木) 03:51 [ 編集 ]

イラッとする
#-|2018/11/29(木) 08:50 [ 編集 ]

イラッとさせてごめん…
* #-|2018/11/29(木) 12:55 [ 編集 ]

最後は最早コントだな
#-|2018/11/29(木) 15:45 [ 編集 ]

この彼にとっての「変な事言ってごめん」は下手すると険悪になりかねない
指摘コメとかのラストに付ける(笑)と同じなんだろうな
#-|2018/11/29(木) 22:11 [ 編集 ]

ショートコント「変な事言ってごめん」
#-|2018/11/30(金) 00:25 [ 編集 ]

※5
そう言えばいるわ
頻繁に無神経な発言しては馬鹿の一つ覚えみたいに
誤魔化すようにやたらアハアハ笑ってる奴
#-|2018/11/30(金) 02:08 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/31715-45bf4a08

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.