FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


家出少女を拾うのが趣味だった

2018/11/27(火) 03:47:27
303 :名無しさん : 2018/10/27(土)11:13:02 ID:beb
前の前の転属先にいた時、家出少女を拾うのが趣味だった。
私は女で当時27歳。今もあるか知らないけど神待ち掲示板ていうのがあった頃、
「泊めてご飯を食べさせてくれるなら誰でもいい」って子にメールして
待ち合わせして拾って、1~2晩泊めてひたすら愚痴を聞いてもらってた。
当時の上司とそりが合わなくてパワハラ紛いのことをされて、
でもその土地に全然知りあいがいないし話し相手がいなくて病んでたから。
ご飯は適当に近所のお弁当屋とか、出前のラーメンとかピザとか食べさせて、
私はビール片手に延々と愚痴。
女の子はギャルみたいなのからヤンキーから、
いかにも親に殴られてオドオドしてる感じの子まで色々いた。
あまりにもヤンキーなのは御飯食べさせるだけで追い出したり、
オドオド系の子はしばらく住まわせたりした。
掃除してもらったw
その土地には2年いて、その間に18人拾った。
異動になった先にはパワハラはなくて、家出少女拾いもそこでやめた。
今思えばよく一度もトラブルにならなかったなーと思う。
アパートに貴重品とか全く置いてなく、盗られて困る物がなかったからできた技。
泊めた子にその後粘着されるとかもなかったし。
エ○コーとかだとタチ悪い子多いのかもだけど、
「ご飯と宿だけ」って子は苦労してる子ばっかりだった。
児相の情報とかプリントアウトして渡したけどちゃんと行ったかなー。
今幸せだといいけど。







関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:6
<< 足首を思い切りグニャッと捻ったホーム全記事一覧恐怖の高尾山 >>

コメント

こういうのって合意の上でも未成年略取として罪になるけど
実際の所バレても同性だとなあなあになるんだろうか
#-|2018/11/28(水) 05:33 [ 編集 ]

家出した子の話聞くんじゃなくて、
報告主が愚痴る方なのかよw

他人の愚痴を聞きたい人はいないだろうし、
そりゃ粘着する子は出ないわw
#-|2018/11/28(水) 09:36 [ 編集 ]

*1
拾った子が行き先がないのをいいことに、違法なこと強制する輩がいるので、
警察などに連絡しないと男女関係なくアウトと聞いた。
本当に泊めただけなら書類送検くらいで済むのではないかと思うけど。
#-|2018/11/28(水) 12:41 [ 編集 ]

まあでも家出する子にしてみればありがたいな
泊まれてご飯食べれて二度と同じ経験はしたくないと思える、至れり尽くせりじゃないか
#-|2018/11/28(水) 14:09 [ 編集 ]

警察が説得しても、元凶の毒親が被害届だしちゃったりな。
#-|2018/11/28(水) 14:56 [ 編集 ]

大人になっても色々大変なんだなあという学習がプラスに働いてるといいんだけど
#-|2018/11/29(木) 06:42 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/31705-73a7500f

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.