FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


信号無視の車にはねられた

2018/11/06(火) 03:52:10
159: 名無しさん 2018/09/09(日)17:55:20 ID:dd0
仕事上で付き合いのあるAさんの話
Aさんが信号無視の車にはねられた
勢いよく吹っ飛んだが、幸い打ち身程度で済んだ
(一緒にいた人はAさん死んだ、と思ったらしい)
轢いた車は逃走したが、慌てたのか先の電柱に衝突
一家4人が乗ってて子供二人は車外に投げ出され死亡
運転してた夫婦は障害が残るほどのケガを負った
Aさんは犯人側の事情を警察から聞き
謝罪も賠償もいらないので淡々と事件を処理してくれと懇願
警察を通して先方側の弁護士が何度も接見の依頼をするが
Aさん全部拒否
しばらくしてAさん住んでいたマンションを引き払う
その後、加害者の妻がAさんが引き払ったマンションの踊り場で焼身自殺
ただ単なる自殺じゃなくて
「Aさんが住んでいた部屋に何かしようとしてたんじゃないか」
・・・というのがAさんに事情を聴きに来た刑事の話
再び加害者の夫の依頼を受けた弁護士が謝罪したいと接触を試みるが
警察を通して一切拒否
それ以降Aさんは定期的に住む場所を代えて生活するようになった
最初に引っ越した時から「逆恨みで何かされそうな予感がした」とのこと

これちなみに昭和の終盤ごろの話、Aさんは自由業だが
「あの一件で怖くて結婚も出来なかった、いい人は何人かいたんだけどね」
と話してくれた
たまにAさんが取引した仕事相手から
「評判を聞いてAさんに仕事を頼みたいって人がいる」
と連絡があり相手先を確認すると件の加害者の夫と同じ苗字ってのがある
「いや、当事者かどうかはわからないよ、
 さすがに本名名乗ってこっちに接触するわけじゃないだろうし」
と言うが基本同じ苗字の人は理由をつけて仕事を断る

162: 159 2018/09/09(日)18:17:07 ID:dd0
この話を聞いたとき
「実はAさんが何かやって恨まれてるんじゃ」と思ってしまった
ただAさんが撥ね飛ばされた時はちょうど業界内のパーティがあって
その帰りで何人もいる前で起こった事件だったそうで
実際に何人かから
「あの時な、青信号になってAが先頭に立って
 『よーし!次の飲み会の場所は俺が・・・』
 って振り向いた瞬間に車に轢かれたんだ」
「車の前じゃなくて上をドコドコって感じでバウンドして地面にドサッて落ちた、
 俺は『ああ死んだ』って思ったわ、
 そんだけ言い方悪いが綺麗に倒れて動かなかったから」って聞いた
Aさんも本当に怖いって感じじゃないが
何となく気分的に嫌なものがあるんで引っ越しているそうで
「金はかかるが、ひょっとしたらと考えるとそんなに悪い金のかけ方ではない」
と自嘲気味に話してくれた
同業者の間でも結構知っている(あるいは目撃した)人もいて
「自意識過剰」と言う人もいれば
「いやそれがベターなやり方じゃない?」と言う人もいる
実際に探しているっていう確証はないけど、
もし今でも本当に探してる・接触しようとしてるなら神経わからん話だよな


関連記事
スポンサーサイト



不思議TB:0CM:19
<< 公務員ホーム全記事一覧そっちかー! >>

コメント

クルマで轢いた奴は、さらに以前にAさんに…
いやそれは考えすぎか。
#-|2018/11/07(水) 04:03 [ 編集 ]

逆恨みされる理由が分からんのだが?
必要以上に追い込んだわけでもなく
むしろ謝罪も賠償もいらんのだろ?
それで何を恨むの?
#-|2018/11/07(水) 04:52 [ 編集 ]

30年以上昔だとチャイルドシートはおろかシートベルトも義務化されてなかったからなあ
子供は可哀想だが両親は逆恨みも良い所だ。轢き逃げしなきゃ事故らなかったかもしれないのに
#-|2018/11/07(水) 04:54 [ 編集 ]

カテゴリが不思議であるのが不思議
#-|2018/11/07(水) 07:09 [ 編集 ]

もういいよこういう作り話。
なんで嘘松の話には事後に警察から妙に詳しく相手方の状況やらなんならが語られるのか。
#-|2018/11/07(水) 08:15 [ 編集 ]

※5
そういう話を手本に、面白いから自分も作ってみようと思うからでは?
#-|2018/11/07(水) 08:20 [ 編集 ]

警察から何か語られてる描写ってあった?
犯人の事情って子供が死んだとかそういうことだと思って読んでたけど。
#-|2018/11/07(水) 08:32 [ 編集 ]

子供の死は事故と合わせてニュースになってもおかしくないし
弁護士と警察挟んで何度も連絡取ろうとしてきてるんだから
その過程で相手の状況とか嫌でも知る羽目になったんじゃないかな

>「Aさんが住んでいた部屋に何かしようとしてたんじゃないか」
>・・・というのがAさんに事情を聴きに来た刑事の話
※5はこの辺に引っ掛かってるんだろうけど、事故の事も自殺の事も
顛末を知ってる警官なら注意喚起を込めてこれ位言ってもおかしくはないと思う
#-|2018/11/07(水) 09:01 [ 編集 ]

※2
逆恨みってそういうもんだよ
#-|2018/11/07(水) 09:25 [ 編集 ]

昭和だと交通事故も今より全然多いし
シートベルトや飲酒運転に対する意識もゆるゆるだからなあ
あの時代の空気感が分からんと理解しにくそう
#-|2018/11/07(水) 09:56 [ 編集 ]

自分のせいで子供2人を殺してしまったなんて普通の人には耐えきれないね
Aさんを恨むしかない
#-|2018/11/07(水) 11:53 [ 編集 ]

昭和の時代の警察の対応はわからんけど、少なくとも今なら、
その後のお互いの事なんて教えてくれないよ。嘘松とまでは、言わないけどね。
#-|2018/11/07(水) 12:09 [ 編集 ]

2,5ちゃん見てる人なら誰でもこの手の体験談はハナから創作やフェイク混じりである可能性は認識して読んでるだろ
最終的に真偽も確定しないんだし
鋭く見破った俺様スゴイアピールはいらんわ
#-|2018/11/07(水) 12:38 [ 編集 ]

最初に撥ねられたときに接見とか賠償とかの普通の手続きを
ちゃんとやってれば結果的には現状より丸く収まったかもしれないなぁとは思う。
短期的にものすごく危険なのを無事乗り切って平穏を回復する可能性に賭けるか
ずっと不穏当な気配と付き合いながら過ごし続けるか…だけど。
まぁやっぱり結果論だね。
轢き逃げの手続き中に〇された可能性だってあるんだし。

#-|2018/11/07(水) 13:54 [ 編集 ]

>警察を通して先方側の弁護士が何度も接見の依頼をするが
弁護士が接見って、刑務所や留置場にいる被告と会う時に使う言葉だろう
Aさんと会うなら話し合い
…この時点では、Aさんは謝罪も賠償もいらないと言ったんだから、示談でも
ないしなんのため?
とりあえず謝罪しないと、加害者の刑が軽くならないのかな
#-|2018/11/07(水) 14:02 [ 編集 ]

加害者奥「Aさんがあの場所にいたから、子供が死んだ」
加害者「Aさんがあの場所にいたから、子供と嫁が死んだ」
逆恨みってこんなもの。

#-|2018/11/07(水) 14:37 [ 編集 ]

謝罪がしたいのは自分が許されたと思いたいから。
被害者に対してではなく自分が殺した家族や自分の負い目から。
#-|2018/11/07(水) 15:36 [ 編集 ]

加害者側が何をしたいのかよくわからない。
謝罪も賠償も要らないなら許してるでしょ?
事故で殺し損ねたから今度こそ…とか怖い。
#-|2018/11/08(木) 04:17 [ 編集 ]

事故で夫婦は障害が残るほどのケガを負い、
子供二人は死亡したという被害を考えれば、
相手を恨む気持ちもわからなく無い…のか?
多分これ、夫婦は自分を被害者と思ってるよ。
#-|2018/11/08(木) 04:24 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/31558-288d0950

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.