FC2ブログ

続・妄想的日常

おかえり。 
383: 名無しさん@恐縮です [] 2018/09/15(土) 21:29:39.12 ID:dTRAVHQx0
台湾では、自転車の逆走ってまったく見られないんだよね。
なぜなら、逆走したら躊躇なく車にひかれるからだそうな。

海外の人が日本に来て一番驚くのが
車が自転車がクラクションやベルを鳴らさないこと。
車が歩行者に配慮してること、なんだそうな。

韓国人が歩道で道を塞いで歩いてたら、自分たちの後ろに
ベルを鳴らさない自転車にのった日本人が何人も無言で並んでいて
びっくりした!日本人は不気味だ!とかツイッターに書いてた。
日本人は待つよね、気付くまで。あとたしか歩道は歩行者優先だし
ベルはダメなんだっけ?


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本が異常で台湾が世界標準なだけ
2018/09/16(日) 06:23 | URL | #-[ 編集]
国にもよるんじゃないの
2018/09/16(日) 06:25 | URL | #-[ 編集]
日本でもベル鳴らしまくりの人もいるし、スマホ見ながら追突するのがブーム
2018/09/16(日) 06:55 | URL | #-[ 編集]
この間歩道で歩行者にぶつかりそうになった自転車乗りがいたんだが
「なに堂々と真ん中を歩いてんだ」
と罵声を浴びせていて完全にキ○ガイだった。
2018/09/16(日) 07:29 | URL | #-[ 編集]
※↑
どっちかに寄って(できたら左に)くれたら、助かるんだけどね。こんな考えが無い者ほど
トロトロ歩くし、横1列で通路を塞いでる。
2018/09/16(日) 12:35 | URL | #-[ 編集]
むやみやたらにベルを鳴らしてはいけない、とも習うからなあ
鳴らさな過ぎではあるけど、いざ鳴らすべき状況になっても
いつも鳴らさないから鳴らしてもいいのか悩む。そして無言背後霊になる
2018/09/16(日) 13:11 | URL | #-[ 編集]
理性で考えれば鳴らした方が合理的だけど、実際鳴らされるとイラッとする
2018/09/16(日) 14:05 | URL | #-[ 編集]
横断歩道は横断中に車が突っ込んできた際は、相手が避けたりびっくりして勝手に倒れても事故扱いになるからなぁ
老人や子供だと普通に警察沙汰になるから気を付けた方がいい…
2018/09/16(日) 15:17 | URL | #-[ 編集]
海外じゃなくて中華圏だな
欧州とかは自転車結構強いし
ただ最近は自転車快く思わない人も増えてるとか
2018/09/16(日) 16:22 | URL | #-[ 編集]
車や自転車が歩行者に配慮してる?
んなわけあるか。

車は駐車場の歩行者横断帯の前で止まろうとしない(渡ろうとする人がいるにもかかわらず)、自転車は歩行者の脇を猛スピードで通り抜けるし、角では減速も何もせずに突っ込んでくるし。
どこが歩行者に配慮してるんだよ。

あ、自分の住んでる地域のマナーが悪いだけか。
2018/09/16(日) 22:16 | URL | #-[ 編集]
こういう、ベルを鳴らさないイコール背後霊って話題たまに見るけどなんで声掛けないんだ
後ろについたら普通に「すいませーん」って言って端に寄ってもらうけど
2018/09/16(日) 22:50 | URL | #-[ 編集]
基本的には歩道走っちゃダメだし歩行者の通行を妨げてはいけない。
そもそも自転車は車両。
2018/09/17(月) 01:01 | URL | #-[ 編集]
※5
自転車は車道走れや
道交法違反だぞ
2018/09/17(月) 01:03 | URL | #-[ 編集]
最近うちの近所で毎日中国人の自転車の団体(6~8人)が歩道を固まってしかも結構な速度で走るのが危なくってしょうがない。
大通りだから歩道も広めなんだけど、2~3人並列して前後2~3列に連なって時々横向いたり後ろ振り向いたりしながら大声で中国語で話しながら駆け抜けていく。
その中国人団体は学生と思しき年齢だけど、あれ学校で日本の交通ルールやマナーとか教えてないんだろうな。
2018/09/17(月) 16:42 | URL | #-[ 編集]
日本在住が長いイギリス人の友人は「歩行者優先はイギリスでも一緒だよ」って言ってた
2018/09/17(月) 16:45 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/31183-39d58895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック