FC2ブログ

続・妄想的日常

おかえり。 
611 名無しさん@1周年 2018/09/08(土) 21:30:32.49 ID:Oljv738a0
ゴキブリの走行速度に対抗出来る捕食性節足動物はアシダカグモとゲジゲジだけ。
面白い事にこれら俊足三巨頭はそれぞれ、六脚亜門・鋏角亜門・多足亜門と、
別系統で進化した動物。

アシダカグモは長距離になると不利なため待ち伏せを主戦法とし、脚先から伝わる僅かな振動と、
体毛が捉える微妙な空気の動きで獲物を察知する。
天性のハンターで、餌を食べている最中であっても新たな獲物を見付けると餌を放り出して
狩りを優先する。
つまりアシダカグモが家にいるという事はゴキブリがいるという事。
ゴキブリを全滅させれば勝手に出て行く。
唾液には強力な殺菌成分が含まれており、常時全身を消毒して
ゴキブリの生息環境に存在する細菌に対抗している。

ガチでスピード勝負を仕掛けるのはゲジゲジ。
大きな複眼と長い触覚が獲物の動きを捉える。
ゴキブリを狩る為と言っていい様な特殊な進化を遂げており、
速度だけに特化した細長い脚、発達した視覚、防御を捨てて軽量化した外骨格、
失った防御力を補う為にオトリとして自切出来る脚、高いガス交換率を得る背中に
1列に並んだ気門、ムカデ綱最大の武器である毒線さえ退化させている等、
属するムカデ綱の中で特異な存在。
速度だけでなく運動能力も高く、助走を付けたジャンプで低空で飛ぶ獲物を捕らえる事さえあるという。
しかしあまりに特殊化しすぎたせいか、乾燥した環境には極めて弱い。
まるで運動性の為に防御を捨ててしまった零戦のような存在だ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
勉強になった
2018/09/09(日) 01:11 | URL | #-[ 編集]
アシダカ軍曹、新たな獲物が来ると餌放り出して狩るとか軍曹の名に恥じぬ働きやな
待ち伏せ戦法のくせに巣は張らないんだっけ。いつもお世話になってます

ゲジゲジは…見た目がうん無理
2018/09/09(日) 01:35 | URL | #-[ 編集]
軍曹も人によっては無理って場合も多そうだけど、ゲジさんはさらに忠誠心が試されそうよな
ところで軍曹は獲物が居なくなったらサッと撤退されるようだけど、ゲジさんはG駆逐した後も同居希望されたりするんですかね
2018/09/09(日) 12:54 | URL | #-[ 編集]
こうやって性能で語られると虫カッケーってなるんだけど
実物見るとやっぱ無理
2018/09/09(日) 15:15 | URL | #-[ 編集]
軍曹は性質とか本当にかっこいいって思うんだけど
見た目が本気で無理
2018/09/09(日) 16:39 | URL | #-[ 編集]
空飛ぶゲジゲジとか恐すぎる
いい年したおっさんだけど絶叫する自信あるわ
2018/09/09(日) 18:16 | URL | #-[ 編集]
ゲジは見た目以外最高だな
2018/09/09(日) 21:36 | URL | #-[ 編集]
こういうコピペ見てクモ好きになっちゃったわ
アシダカクモ見ると嬉しいし
ハエトリグモとかぴょんぴょん可愛くてずっといてほしい
2018/09/10(月) 14:09 | URL | #-[ 編集]
こういった知識や理解は、
無駄な恐怖を打ち砕いてくれるから好きだ。
2018/09/10(月) 23:41 | URL |   #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/31137-b30311fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック