FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


もう一度がんばりましょう

2007/03/02(金) 11:22:00
250 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2007/03/01(木) 14:38:22 ID:P1GO6tl/
雨が降ったり風邪が強かったりすると必ず遅れる地元のJR。
その日は通勤時間前の人身事故も重なって、遅れている上にものすごい混雑。
次の電車がいつ来るのか駅員さんたちもわかっていなくて、とりあえず
押し込め押し込め状態だった。
中心街に近づくにつれて一駅毎に悪化する人口密度。
あと二駅ででっかい駅まで、と来たところで、ドアが閉まらない。
車掌さんが、「次の電車をお待ちください。」と必死で車内放送をしていると
突然、もう一つの声が。
「こちら運転手です。皆様、苦しいでしょうが今一歩ずつ中へ詰めてください!
それから少しお腹をひっこめてみてください!がんばればできます!」と。
イライラしていた車内の空気が少し緩んで、ドアも無事に閉まった。
次の駅でも車掌が「次の電車を…」と言いかけたところでさっきの声が
「はい皆さん!もう一度がんばりましょう!少し細くなったつもりで!
閉める時言いますからお腹ひっこめて~ハイ閉めますよ~!」と。
ちゃんとドアが閉まる程度に一瞬人が動いて、無事出発。

車掌さんの立場なさすぎてわらけた。
関連記事
スポンサーサイト



ほのぼのTB:0CM:9
<< ちょっとシャッター押してくれやホーム全記事一覧良い子の諸君! >>

コメント

すげえな
#-|2007/03/02(金) 13:54 [ 編集 ]

まあ、運転手ってのは絶対車掌上がりだから、車掌時代の経験からだろ。
車掌を何年か務めて勤務態度良好と判断されんと、運転手なれんからなあ。
名無しさん #VvCHpd0c|2007/03/02(金) 21:22 [ 編集 ]

運転手って車掌よりも上だったのか・・・
逆だとばかり思ってた。
昔から「運転手は君だ、車掌は僕だ」って言うからてっきり・・・
車掌?社長?
知らん。意味わからん死ね
  #-|2007/03/02(金) 21:27 [ 編集 ]

米3
投げやりになるな、ガンガレw
#-|2007/03/02(金) 22:07 [ 編集 ]

※2→3
その流れwww
上でワロタばかりなのにまた吹く程
気に入った自分を発見。
#-|2007/03/03(土) 10:53 [ 編集 ]

※3→4だったorz
#-|2007/03/03(土) 10:55 [ 編集 ]

>知らん。意味わからん死ね

※3、4で確信した!これは流行るw
名無しさん #-|2007/03/03(土) 13:14 [ 編集 ]

「意味わからん死ね」→「投げやりになるな」はネタだよ。

http://mousouteki.blog53.fc2.com/blog-entry-3081.html
# #QaTt1A9Y|2007/03/03(土) 14:42 [ 編集 ]

ネタなのは分かってるよwww
#-|2007/03/05(月) 09:42 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/3078-b474980f

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.