FC2ブログ

続・妄想的日常

おかえり。 
337 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2018/07/12(木) 21:29:12.89 ID:Vq5Gdvr/0.net
上祐本当腹黒いな自分だけ逃げて
外面いいとまじ因果応報ないな

338 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2018/07/12(木) 21:37:05.93 ID:pqeCWHlY0.net
>>337
しかし裏切れるって事は洗脳が解けてたのかな?

339 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2018/07/12(木) 23:27:50.30 ID:+k65+sG20.net
>>338
どこのスレで読んだんだったか
オウム全盛時代に、上祐と知り合いっていう人と話したら
「上祐は麻原を崇拝しているわけではなくて、
将来自分の教団を立ち上げるための勉強をするためオウムにいる」
って言ってたなあっていう書き込みがあったのを思い出しました。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お金を吸い上げたいだったり、人々をコントロールしたいだけで
宗教を本気で信仰してない幹部なんて沢山いる
2018/07/14(土) 00:14 | URL | #-[ 編集]
幹部と呼ばれる人が一番信仰心が少ないと思う。
教祖は本気だし、下っ端も本気。でも幹部は利用してやろうとしか思っていないと思う。
2018/07/14(土) 00:45 | URL | #-[ 編集]
教祖は本気で自分が神だとか思っているかも知れないし、金巻き上げる手段として
宗教家になったのかも知れない。ただ布教に役立つから有能な人物を幹部として利用してる
そして幹部は金の為、権力の為、肉欲を満たす為等々の私欲の為教祖や教団を利用する
初めは本気で信仰してた人も居るかも知れない。でも気付いた時には後戻り出来なくなってる
そして下っ端は信じ続け騙され続ける。それがオウムの成れの果てだと思う
散々言われてるけど、頭が良い=人品卑しからぬ人物では無いからね
2018/07/14(土) 00:57 | URL | #-[ 編集]
本当のことなのかもしれないけど
そりゃ今になって結果見てから書き込むならどうとだって言える罠
ソースもないし
2018/07/14(土) 02:38 | URL | #-[ 編集]
ローマ教皇の住んでるとこの隣にあるのが誰の墓か知ってるなら不思議でもなんでもない
2018/07/14(土) 03:18 | URL | #-[ 編集]
上祐はオウム真理教が「真理党」を結成するとき、国政に出馬するのを反対した幹部二人のうち一人
ガチで冷静に時世を読んで行動してたってことが分かる
2018/07/14(土) 04:04 | URL | #-[ 編集]
あの中にいて最も矢面に立っていたにも関わらず、無罪もしくは司法取引を勝ち取れたのは素直に凄い
2018/07/14(土) 13:49 | URL | #-[ 編集]
他の幹部は、会見で麻原に言及するとき「尊師は○○とおっしゃっている」と尊敬語を使っていた。
一般的な敬語のルールでは身内に対する尊敬語は不適切とされるけど、
天皇や皇族は例外で、絶対敬語といって常に尊敬語を使うから、
麻原は皇族並に尊いんだという思いからのオウム敬語だ。
その中で、上祐だけは一般的な敬語のルールに従って「麻原は○○と申しています」だった。
2018/07/14(土) 19:37 | URL | #-[ 編集]
身内に対する尊敬語は不可なんていうのは戦後に人工的に作られたルールだから、
それを絶対視するつもりはない。
言いたいのは、他の幹部は一般的な敬語のルールを逸脱してまで教祖に対する敬意を表していたのに対して、
上祐はそうしていなかったということ。
2018/07/14(土) 19:48 | URL | #-[ 編集]
上祐はなまじ頭がいい分公安に貧乏くじ引かされたって感じがするが
国として信者そのまま野放しには出来ないわけで、まとめ上げて制御出来る首輪のついた管理人みたいな役目をどうしても作る必要があったんだろう
本当に自分のことしか考えてないような利己的な人間だったら逃げてるし、実際逃げれるなら逃げたかっただろうよ
2018/07/14(土) 23:58 | URL | #-[ 編集]
てか、松本が逮捕されて「麻原」を切り離した団体にしようとしたら、逮捕された事で求心力が増した松本の取り巻きに追い出されたんだっけ?
2018/07/15(日) 01:14 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/30708-365ca145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック