FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


人体の不思議

2018/07/03(火) 23:59:00
652 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/06/30(土)07:02:03 ID:bjm
昨日の昼に掃除してた時、窓からすごい大きいハチが飛び込んできた
ものすごく怖くて「あああ!」と叫んだら、なぜかハチがこちらに突撃してきて、
なんと口の中にスポっと入ってきた
舌と上顎に感じるブブブって振動で、あっ死んだなって思った瞬間意識がプツンって感じで
途切れて気絶してた
夫が飛んできて助けてくれてすぐに目を冷ましたんだけど、目が覚めたわたしは
一日分の記憶がまるまるなかった
「ハチが口の中に入ってきて気絶したんだぞ」って夫が言うけど???って感じ
念の為医者に行って、帰りに夫と喫茶店に入って口に固形物を入れた瞬間、
決壊したダムみたいに一気にあのハチの記憶とか恐怖が蘇ってきた
すごい人体の不思議を感じた



関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:9
<< 高2の時美人で若い養護教諭が赴任してきたホーム全記事一覧本当にこいつでいいのかい? >>

コメント

そして喫茶店で口をティッシュで拭いた瞬間に
アナフィラキシーショックでまた倒れた
#-|2018/07/04(水) 00:17 [ 編集 ]

これ本当の話かな?
たしかに人体というか脳医学的にすごく面白い話だ
同じ体験は絶対にしたくないけど
#-|2018/07/04(水) 01:11 [ 編集 ]

解離性健忘だと考えれば、十分ある話かと
#-|2018/07/04(水) 01:51 [ 編集 ]

『耐えられる精神的ショック値を越えた』と脳が判断した瞬間にシャットダウンしたのね
発狂しない為の緊急措置、またはパニックによる一時的混乱みたいなもので
幸い原因は除かれ危機は脱して生き残ったから記憶が戻った的な
こういうショックが日常(虐待とか)だと解離性同一性障害とかになるんだろうね
#-|2018/07/04(水) 02:06 [ 編集 ]

結局蜂はどうなっちゃったの…
#-|2018/07/04(水) 03:22 [ 編集 ]

美味しくいただきました
#-|2018/07/04(水) 07:20 [ 編集 ]

気絶したら口が開くから、そのとき出たんじゃないかな。
夫もそこ見たから「蜂」原因だと分かったんだと思う。
#-|2018/07/04(水) 09:14 [ 編集 ]

蜂だって針刺すのはほぼ命懸けだからね。無闇矢鱈に刺すことはしないよ
守るべき巣が近いとか相手が抵抗したり攻撃したりしてくれば刺したかもしれないけど
口開けたまま気絶して動かなければ用もないしサッサと退散するよ

干してた靴下畳もうとしたら中にいて、持った途端にブブブ!!ってされた事あるけど
やっぱ刺されはしなかった。ビックリして即放り投げたのもあるけど。まじビビったわアレ…
#-|2018/07/04(水) 16:29 [ 編集 ]

真も戦闘機に座らせたら全部思い出したりして
#-|2018/07/10(火) 13:39 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/30635-11b60e19

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.