FC2ブログ

続・妄想的日常

おかえり。 
966 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/05/17(木)23:31:15 ID:cDF
高校の頃、部活の3年生に恋をした
何か影があるようなのがかっこよく見えたんだと思う
それなりに仲良くなって個人的に話をするようになった頃、
その人が自分が家族から虐げられているんだと告白してきた
「俺は家族から迫害されているんだ…恥だと思うから誰にも言わないで、不思議だね君には話せるよ」
家族にないがしろにされている寂しさが影になっていたのか!と会ったこともないご家族に
怒りが込み上げた
若かった私は暴走
上の学年にいたその人の年子の妹さんに凸した
いや爆笑されたよね
迫害www言うにしても迫害wwwあの馬鹿www
程度には爆笑された
妹さん情報によると、高校3年にして中二病を発症したその人の痛い行動を
家族全員でスルーしてるだけだという
「失われた命を我が身に取り込む罪悪感…!とか朝食でやられてごらんって、白い目で見たくなるから」
妹さんに凸した無礼を平謝りするよね
その中二すぎる行動をリアルに想像したら恋心がスーーーッと冷めた
青髭マッチョの男子高校生が朝から中二フルスロットルは無理だ
「高校を卒業したら誰も俺を知らない土地に行こうと思うんだ、君もくる?」
とか言われたけど「地元に残るんで」って断った
他県の大学に合格したから一人暮らしするだけだろうに、なぜそんな言い回しをするんだ
まさに恋は盲目だったわ


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
人の黒歴史ほど面白いものはないな
2018/06/10(日) 00:49 | URL | #-[ 編集]
恋は盲目だし、難聴
知り合いも周りからのあの人はやめといた方が、、、を全部無視してた
2018/06/10(日) 23:28 | URL | #-[ 編集]
それも青春の彷徨
冷めたのはしょうがないが否定一辺倒には
しないであげて欲しい
誰しも通過した青春のほろ苦い思い出だろ?
えっ?
2018/06/10(日) 23:53 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/30453-b7ffe7ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック