FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


男の子

2007/01/27(土) 14:42:06
345 名前:288[] 投稿日:佐賀暦2006年,2006/11/03(佐賀県と汚職) 07:01:26.02 ID:l48EsotF0
 3年前に体験した話です。
 その頃のオレは、ダラダラと浪人生活を続けていました。
中学校2年生と、小学校6年生の妹が2人いたので、両親も
「どうせ妹たちにも金がかかるんだから、大学行かない方が助かる」
みたいなことを言われていました。

 そんなある春の日のちょうど夕方頃。
家にはオレと母親だけで、母親は台所で夕食のしたく。
オレは部屋でネットをしてました。

 すると突然、台所から「やぁっ!!!」という短い悲鳴。

 次の瞬間、廊下をバタバタと走る音。
ぐっちゃぐちゃな顔をした母親がオレの部屋に飛び込んできました。

「ど、どうしたの? 何があったの!?」

母親の肩を抱いて大声で聞く。すると

「今、……料理作ってたら……気が付いたら、すぐ横に男の子がいた!!」

 ……って。オレもゾっとしました。
 話によると、母親が冷蔵庫を開け、食材を出して冷蔵庫の扉を閉めたら、
開ける前にはいなかった男の子が扉の横に立っていたそうです。
小学校高学年くらいの子で、短髪で青白い顔だったらしい。(半ズボンだったそう)




347 名前:288[] 投稿日:佐賀暦2006年,2006/11/03(佐賀県と汚職) 07:02:31.23 ID:l48EsotF0
 その子は、悲鳴を上げると消えたらしいが、母親は
「こわいこわい!台所行きたくない。ここに居ていい?」
と、妹たち(近所の友達の家に行っていた)が帰ってくるまで一歩もオレの部屋から出ず、
その日は結局外食になりました。
 とりあえず、妹たちが怖がるといけないし、父親は、そういう霊の存在は
まったく信じないので、その男の子の話はオレと母親だけの秘密にすることになりました。

 そんなことがあった数週間後。日曜日の昼間。
家族はみんな出かけていて、オレはリビングのソファーに横になりながらテレビを見ていました。
しかし、あまり面白くなかったのでテレビを消し、コンビニにでも行くか……と、
ソファーを立とうと思った瞬間……。
体が固まってしまいました。

350 名前:288[] 投稿日:佐賀暦2006年,2006/11/03(佐賀県と汚職) 07:03:59.81 ID:l48EsotF0
 なんと、リビングから廊下に続く、格子状にスリガラスがついている扉の向こうに、
小学生くらいの男の子が立ってるんです。
 身長は、130センチくらい?
青と緑色の柄っぽいTシャツに半ズボン。
顔は見えませんが、確実にそこに立っていました。
体中の血が下の方へスーーーーーッて抜けていき、全身鳥肌です。

 どうしよう、どうしよう……。
その男の子がリビングに入ってこないことを祈りつつ、この状況をどう打破しようかと
必死に頭を回転させていました。

……そうだ! とりあえずテレビをつけて音を出そう! 
そう思ったオレは、目の前に置いたリモコンに手を伸ばして、そのまま絶叫しました。

 なんと、電源の消えたテレビの画面には、ソファーに座ったオレと、
その後ろに10人以上のオッサンやら女のコやらがズラーーっと並んで立っているのが
映っていたんです。
しかも、オレの横にちょこんと座ってるおばあさんまでいました。

352 名前:288[] 投稿日:佐賀暦2006年,2006/11/03(佐賀県と汚職) 07:05:38.13 ID:l48EsotF0
 そこで、もう限界。オレは大声でリビングから庭への窓を開けて飛び出し、
裸足のまま、近くのコンビニまで逃げました。

 後日、知り合いの紹介でMさんという、除霊ができる人に来てもらうことになりました。
するとMさんは、
「ご家族に小学生の女のお子さんがいますね? その子が呼んでいます。
家には30体以上(!)の霊が居ますよ」
って言う。
下の妹を連れてきて問いただすと……
 なんと、学校で『エンジェルさん』(コックリさんの変形バージョンでした)が
流行っていて、毎日のようにやっていると言うんです。 

 結局、妹には絶対にコックリさんをやらないように言い、Mさんに除霊をしてもらった
以降は、あの男の子も他の霊も出なくなりました。
しかし、今でも向こう側が見えるガラスの扉と、電源の消えているテレビは怖くて見れません。
関連記事
スポンサーサイト



不思議TB:0CM:21
<< 一番の恐怖ホーム全記事一覧ごめんなぁ >>

コメント

わかったからとりあえず働こう
#-|2007/01/27(土) 14:43 [ 編集 ]

>「どうせ妹たちにも金がかかるんだから、大学行かない方が助かる」
>みたいなことを言われていました。

これって重要なキーワードか何かだと思ったが全然関係ないのな。
  #-|2007/01/27(土) 14:45 [ 編集 ]

エンジェルさんwwwww

>米2
変なトコを膨らませると、話の主題がわからなくなるから難しところだな

>ぐっちゃぐちゃな顔をした母親
という表現が一番ゾっとした。
#-|2007/01/27(土) 14:53 [ 編集 ]

米2
こういう話あんま読まない俺でもそこかなり気になった
でもまあ素人なんだろうし仕方ない
#-|2007/01/27(土) 15:22 [ 編集 ]

えーみんな怖くないの?
怖いよー><
#-|2007/01/27(土) 18:04 [ 編集 ]

オチがイマイチかな?
もう少し意外性が欲しかった。
#-|2007/01/27(土) 18:28 [ 編集 ]

怖がりな俺としてはお腹一杯だ
名無しさん #-|2007/01/27(土) 19:56 [ 編集 ]

こんな話で怖がるなんてへたれw
わたしは怖くないよ~
いい年してこんな話怖がるなよ
wwwwwwwww
#-|2007/01/27(土) 20:51 [ 編集 ]

>>※8
どのくらいの恐怖に耐えられるかだなんて人それぞれだろう。
いい年して何言ってんだ?
   #-|2007/01/27(土) 20:58 [ 編集 ]

いい年っていくつから?
#mQop/nM.|2007/01/27(土) 21:07 [ 編集 ]

>>※9
ヒント:縦読み
#mQop/nM.|2007/01/27(土) 21:11 [ 編集 ]

3年経った今も浪人ですってオチの方が
怖い気がするw

もしくは林先生の出番
#-|2007/01/27(土) 21:38 [ 編集 ]

別にこいつ浪人だってこと明かす必要なかったな。
名無しさん #-|2007/01/27(土) 22:09 [ 編集 ]

なるほどエンジェルさんねぇ・・・
確かに急に隣に男の子が立ってたら悲鳴あげるわ
まぁ女の子だったら悲鳴あげるのは・・・どっちかな
フヒヒヒヒヒヒヒヒヒ
#-|2007/01/27(土) 22:25 [ 編集 ]

無駄な自分の話をしたがるのは女の専売特許じゃなかったんだな
あ #-|2007/01/27(土) 22:43 [ 編集 ]

最初の5行は別にいらないな
男の子と家族に邪険にされる事に何か関係あるかと思った
  #-|2007/01/27(土) 23:01 [ 編集 ]

>>※14
って、お前が怖いわw
#-|2007/01/27(土) 23:50 [ 編集 ]

男の子が出てきた段階で
また一人子供が出来たから
結局大学は行きませんでしたって
オチかとおもた

・・・甘かったw
#-|2007/01/28(日) 01:05 [ 編集 ]

米14
こんなとこにいらしたのですか除霊師様
#-|2007/01/28(日) 08:44 [ 編集 ]

※9が恥ずかしいってことは分かった
名無しさん #-|2007/01/28(日) 14:50 [ 編集 ]

こわいか?

>電源の消えているテレビは怖くて見れません。

んなアホな
名無しさん #-|2007/01/31(水) 12:53 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/3031-37ad4f67

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.