続・妄想的日常

おかえり。 
382 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/04/17(火)15:15:39 ID:kyU
母にハメられて地獄に落とされた

母の散財が発覚して離婚する事になった時、絶対母と行くのは嫌だ、父について行くって言ったら
「血も繋がってない男に縋るっての?バカじゃない?」と言われた
「どういう事」って聞いたら鼻で笑って無視され、ここで我慢の限界が来てしまった
怒りに身を任せて殴りかかったら母は抵抗もしないで数発殴られた
殴った後で、母はニターって笑って「これでお前らは終わりだ」って言われた
翌日、母は父に自分もお前達をDVで訴えると言い出した

父も弁護士頼んで争ったけど、結局『私と父』のDVが認められて完敗だった
散財も私と父からのDVへの逃避から、という母の言い分がまるっと認められた
悪口雑言などの事細かな日記2冊分の精神的DVの記録(日記の状況から
数年前から作っていた物だったらしい。
勿論全て捏造。でも、私がやった母の外傷から「信憑性はある」と認められてしまった)と、
命の危険を感じてとっさに録音し、奇跡的に成功したという母の録音データに
「絶対許せない、殺してやる」という私の声がばっちり入ってたことで手も足も出なかった

父に頼みに頼んで行ったDNA鑑定の結果、私は父の実の娘だった
母は自分が父の実の子じゃないと言えばブチギレする事も計算づくだったんだろう

散財発覚のタイミングがタイミングだったために合格していた第一志望の私立高校にも
行けなくなってしまい、母にどうしてくれるんだと叫んだら
「ウリでもしろ」って吐き捨てられて私はこんなヤツの血を受け継いでるのかと情けなくて泣いた

結局地元の公立高校に行くことになってしまい、チャンスを潰されたような気分だ
正直言って母には今すぐ死んでほしい。それも苦しみ抜いてから
母は「資格あるから仕事には困らない」とせせら笑ってたが、
あんたに巻き込まれた人間はたまったもんじゃないんだよ
クズ野郎、お前も地獄に落ちろっての



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
高校じゃ人生決まらないから全然平気
2018/05/06(日) 23:30 | URL | #-[ 編集]
いっそのこと死ぬまで殴ったらよかったのに
2018/05/06(日) 23:47 | URL | #-[ 編集]
これよそで「この人が復讐された」説出てたな
2018/05/06(日) 23:48 | URL | #-[ 編集]
たった一回分の録音や怪我でここまでの裁定が下りるかな?とは思うね
>散財も私と父からのDVへの逃避から、という母の言い分がまるっと認められた
これとか本当に通るものなの?少なくともDV慰謝料と散財した分が相殺されそうだけど
コロス発言や怪我の事も、不貞の子だと嘘でも母親に言われて
カッとなったと中学生の子が言えば情状酌量されそうなものだけど。

数年前からの日記とか、日常書き続けていて我に返る時が一切なかったとしたら
余程殺伐とした家庭だったか母親の決心がそれほど強かったのか
どっちにしろそこまで陰鬱としたものを溜めていた妻/母に気付かなかったのも凄い話だ
双方の言い分聞いたら全く違う話になりそうだね
2018/05/07(月) 00:18 | URL | #-[ 編集]
言い分が噛み合わなかろうが、自分の子どもにここまで言わせる時点で人間失格だ。
2018/05/07(月) 01:44 | URL | #-[ 編集]
中3にそこまでの分別求めるのは酷だわ
2018/05/07(月) 07:24 | URL | _ #-[ 編集]
この中学生みたいな考え方が嫌い
父子家庭で成績優秀なら奨学金も無利子であるだろうし、成績優秀でないなら私立行く必要ない
何とでもなるのに何もしない
2018/05/07(月) 17:34 | URL | #-[ 編集]
たしかに母親側から見ると、事情が違う可能性はありそうだな……

それはそれとして、中学生が一生懸命受験して受かった高校に行けなくなったとなれば、絶望的な気持ちになるのは仕方ないんじゃね
2018/05/07(月) 19:14 | URL | #-[ 編集]
自分だったら一旦殺すけどな~
2018/05/08(火) 00:53 | URL | #4a9F34II[ 編集]
※7
お前みたいな考え方が嫌い
慰謝料と裁判費で身包み剥がされたらまずは入学金や支度金が不足して奨学金どころじゃないし、特殊な学科は他で替えが利かない
何より親に中途半端に収入があると無利子奨学金なんて成績以前に受けられない
何とでもなると外野が言うのは簡単だが大半はどうにもならない
2018/05/08(火) 01:55 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/30217-ba1a5f3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック