FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


言葉

2018/05/04(金) 23:00:00
80 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/05/04(金)01:56:48 ID:slV
もう30年ほど前のことだけど、第一子の長女を出産し、最初の反抗期を迎えた頃
その頃娘はお母さん全能説を持っていて、娘の反抗を分析した結果
ワガママは「お母さんが意地悪してやってくれないんだ!」という思考からきてるんだと判明した
そこでものすごく反抗したとき、淡々と「お母さんにもできないことはあるのよ」と真顔で伝えた
まだ3歳かそこらの、言葉もろくに自分で伝えられない子だったけど、私の言った言葉で
ハッとした顔をして、そのあと何かをジッと考え込む素振りを見せた
それから反抗期はピタリとやんだ
何かを求めるとき、私にどこまでできて、どこからができないのかをじっと考えるようになった
言葉を覚えると、今度は考えていることをなんでも口に出すようになった
早生まれの割に語呂が多くて、人一倍お喋りなんだけど、子どもだから大人に意思が伝わらない
そして自分の喋りが伝わらないとわかると、じっと考え込んでどうして伝わらないのかを
懸命に考えだした
そのうち大人が嘘をつくと理解しだすと、下らない嘘を一つついた
そして私に聞いた「良い嘘ってなに?」
娘がついた下らない嘘は良い嘘をつこうとして失敗したものだった
それからは小学校に入って三年生頃まで、頻繁に
「この考えをあらわす言葉が見つからない」と言っていた
「こうこうこんな気持ちはどんな言葉で表現するの?」
これが口癖になった
「コレコレの言葉の意味って何?」と聞かれるより100倍難しい質問だった
他の親に相談したら、そんな事を口癖にしてる子はいなかったらしくて、
よく「神経質な子なのね」と言われた
娘は一時期国語辞典にかじりついていたが、そのうち
「国語辞典じゃ言葉の持つニュアンスや血の通った使い方がわからない」と言い出し
そのうち辞書を読まずに本ばかり読むようになった
それがいきすぎで、今では日本語に携わる仕事についている
我が家は夫も私も片親育ちでとても貧しく、高卒共働きだったから、
正直長女とは幼い頃の触れ合いが他の子に比べてかなり乏しかった(専業が当たり前だった)
保育園・幼稚園に預けていたとは言え、思い返せば娘があれほど大人の言葉を理解し、
豊富に蓄えていたことが不思議でならない
そして幼い頃あれほど色んな言葉を蓄えていた娘が、日本に大量に入ってくる横文字に
全く対応できていないのが近ごろの衝撃
「たとえば英語のdutyは義務と訳されるけど、
でも日本の義務とdutyはその言葉に含まれる根底の意識が全く異なる
日本人が義務というのと、向こうの人がdutyを使うときの意識は間逆に近いのよ
それが気持ち悪くて仕方ない、他にもっと適切な言葉はないものなの?
この意識の違いはあちらの文化を理解しなければ真に理解することができない
日本語の詫び寂びを英語に訳せないのと同じ
この気持ち悪さがわかる?」
そんな弱音と愚痴が送られてきたけど、カーチャン、難しすぎてわからないよ



関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:19
<< 俺も動体視力はかなり良いほうでたいがいのパンチは余裕で見切れるホーム全記事一覧人格改造 >>

コメント

この3歳児の思考パターンを理解出来たお母さん、すげーな。

子供と揃って頭が良いというか、思慮深いというか、物事を本質までしっかり見極められる人なんだな。
#-|2018/05/04(金) 23:50 [ 編集 ]

語彙ね
#-|2018/05/05(土) 00:11 [ 編集 ]

※2
そこだけ残念ねw予測変換の罠だろうけど

このカーチャン自虐してるけど、必要な考え方を子供に伝えられてるし
要所を抑えた子育てをきちんと出来てる頭の良い方だよなあ
本人と旦那さんに学歴こそ無いかもしれないけど、地頭や理解力はあるよね
あとこの娘さんが横文字に対応出来ないのは当然だわ。本人の言う通り外国語を
完璧に理解や翻訳するのは難しいし、頭の良い思慮深い人ほど悩む事だから
#-|2018/05/05(土) 00:31 [ 編集 ]

対応できないんじゃなくて、完璧に対応しようとし過ぎてるようだな。
#-|2018/05/05(土) 00:40 [ 編集 ]

※4
俺もそう思った。実に頭がいい子だよね。
#-|2018/05/05(土) 00:46 [ 編集 ]

バカとか知恵遅れとか障害と見なされてしまう子にも、こういう頭が良すぎて現実への不適応を起こしてる人って居るんだろうな…
#-|2018/05/05(土) 01:14 [ 編集 ]

精神的な健常ってさ、その文化内で最も多い発達障害具合の人か、
それに合わせられる人ってことだろ?
九九を理解できない人からしたら、九九なんて
根拠のない天下りのまやかしだからな。
釈迦なんか苦労したんじゃね。
#-|2018/05/05(土) 01:59 [ 編集 ]

これで頭悪いと親子間の隔絶になったりするんだなあ
#-|2018/05/05(土) 03:15 [ 編集 ]

テキトーやアイマイを利用するのも頭の良さではあるからなー
何事も程度とバランスが必要なんで際限ない厳密さを求めると何かしらの齟齬は発生するんじゃないかな
#-|2018/05/05(土) 08:32 [ 編集 ]

自分の欲求を「伝えられる言葉」を探したきっかけから、ずいぶん遠くまで歩いて行ったんだなぁ。
何かが心に灯って進む人はかっこいい。

「duty」という言葉の生きた感覚が、「義務」って言葉の生きた感覚と、かけ離れていることが気持ち悪いんだな。
この人は言葉を「生きた感覚をちゃんと伝えるもの」として扱いたいんだ、おそらく。
何とも、いい人を見た気分になったよ。
#-|2018/05/05(土) 09:39 [ 編集 ]

この親って微妙に文章下手じゃないか?
いちいちスッと入ってこなくて読むのに苦労した
子供もそれを感じてて余計に神経質になった結果
いい方向にころんだ(?)てことじゃないの?
#-|2018/05/05(土) 14:12 [ 編集 ]

文章が下手というより
噛み砕いて細かく説明しようとしてる感じしない?
#-|2018/05/05(土) 14:38 [ 編集 ]

のろけか
#-|2018/05/05(土) 17:48 [ 編集 ]

本当の義務感を持った人達は皆戦争で死んでしまった
#-|2018/05/05(土) 23:28 [ 編集 ]

語彙(ごい)語呂(ごろ)
変換で間違えようがない
「真逆」は最近使われはじめた奇妙な言葉だけど「間逆」だと思ってるんだね
日本語に携わる仕事をしているのに「真逆」に違和感を覚えないんだなあ
気持ち悪くて仕方がない言葉の一つなんだけど

お母さんの学力のなさがよく伝わる書き込みだけど
子供の気持ちによりそう素敵なお母さんだと思う
#-|2018/05/05(土) 23:31 [ 編集 ]

予測変換使ったことないのか?
#-|2018/05/05(土) 23:44 [ 編集 ]

「子供は親(大人)がなんでもできると思ってるから、いう事を聞いてくれないのはイジワルだと思ってる」

これ身に覚えあるわ…
できるくせに!なんで!やってくれないの!ってキレてた覚えあるもの…
#-|2018/05/07(月) 11:31 [ 編集 ]

神経質な子が神経質な大人になったのね・・・なんて言われそう。
#-|2018/05/07(月) 15:04 [ 編集 ]

dutyは日本語のどぅてぃと少し似ている
そう、それは義務ではないのだ。決して。
ヒトにとって守るべきものですらない。
しかし、それでも、「義務」と呼ばなければならない。例えそれと真逆の意識から生まれた「義務」であったとしても。
でなければこの世はあまりにも残酷なのだ。
#-|2018/05/07(月) 18:40 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/30198-dfe93a45

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.