FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


清水ミチコのライブ

2018/03/31(土) 23:00:00
80 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2018/03/31(土) 16:50:35.14 ID:nToU+zOg.net
清水ミチコのライブ行ったんだけど、瀬戸内寂聴のモノマネで説教垂れながら
自分のグッズを売りつけるっていうネタやったのよ、特製の杖とか
で、最後に叙勲記念の特別写経セットが出てきて値段が54万円!!
客席からえー!?とかたっけー!!とか笑いが起きたんだけど、ネタが終わった後にミッちゃん

これ本当に売っていて寂聴さんのホームページで買えますからね



関連記事
スポンサーサイト
体験談TB:0CM:12
<< 痛いの痛いの飛んでけーホーム全記事一覧ヤンキー男子集団からいじめられている女の子Aがいた >>

コメント

まあ高くないとありがたさも薄れるからしょうがないね
#-|2018/04/01(日) 00:04 [ 編集 ]

高くても一切ありがたみがないんですがそれは
#-|2018/04/01(日) 00:24 [ 編集 ]

こういう神経じゃないと瀬戸内寂聴をやっていくことはできないんだろうな…。
#-|2018/04/01(日) 00:51 [ 編集 ]

尼さんのコスプレしてるただの色ボケババァだからね
今のコスプレの子達がオタクから貢がさせてるのと同じ構造
#-|2018/04/01(日) 07:51 [ 編集 ]

※4
尼さんのコスプレした色ボケババア
という表現めちゃくちゃしっくり来た
20年来の不快感から解放された気分だ、ありがとう
#-|2018/04/01(日) 08:55 [ 編集 ]

アイドル・グッズやアニメ・グッズも似たようなものでは?金額のケタが違うだけで。

詐欺でなければ、別にいいと思う。金銭的に余裕のある人がどんどんお金を使って、経済が回れば良い。
#-|2018/04/01(日) 12:32 [ 編集 ]

本当かと思って検索したら普通に売ってた以下コピペ

『瀬戸内寂聴・文化勲章受章』を祝賀して制作された
類を見ない極上で特別な写経用具セット。

瀬戸内寂聴「写経セット」
文化勲章受章記念限定モデル
価格 540,000円(税込)
#-|2018/04/01(日) 14:29 [ 編集 ]

清水ミチコもけっこうヤバイネタやる芸人だよな
名無しさん #-|2018/04/01(日) 19:11 [ 編集 ]

瀬戸内寂聴 煩悩にまみれた顔してるからな
#-|2018/04/01(日) 23:47 [ 編集 ]

不倫のために子供すら捨てて不倫に飽きたから尼のコスプレして世捨て人気取りの俗物クソババア
#-|2018/04/02(月) 07:19 [ 編集 ]

この生臭坊主はなんでこんなにありがたがれてるんだ?
#-|2018/04/02(月) 21:18 [ 編集 ]

清水ミチコおもんないわ
  #-|2018/04/22(日) 12:02 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/29955-f807a779

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.