FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


映画「相棒-劇場版Ⅳ-」

2018/03/31(土) 23:00:00
149 名無しステーション sage 2018/03/21(水) 22:09:40 Mi3HXQtI0
しかしマジな話、TVシリーズは面白いのに
映画になると途端にクソ化するのはなんでかね

200 名無しステーション 2018/03/21(水) 22:12:16 e46I1vO50
>>149
どん兵衛ってメチャクチャ旨いけど
レストランで出てきたらおいしく感じないじゃん

そういうことよ


関連記事
スポンサーサイト



バカ回答TB:0CM:10
<< 【野球】「まさか札幌から出ていくとは…」 日ハムの移転に肩を落とす札幌市民ホーム全記事一覧レゴで花見 >>

コメント

でも市民プールで喰うと引くほど旨い。
#qiZxG8oA|2018/03/31(土) 23:23 [ 編集 ]

一時間枠でやる分にはまだ良いんだけと、映画くらいの長丁場になると脚本の粗がなあ…
「こんなに金掛けたぜ大規模ロケしたぜ凄いやろ?お?」みたいな感じ
出し過ぎなのもあるけど、もうちょっと整合性とリアリティ詰めて欲しい
#-|2018/03/31(土) 23:47 [ 編集 ]

そういうことか。
#-|2018/04/01(日) 05:49 [ 編集 ]

ホイール回しながらななめ読みしてたら「映画泥棒-劇場版-」に見えた
#-|2018/04/01(日) 07:56 [ 編集 ]

ライダーやプリキュアみたいに
「相棒オールスター!これまでの相棒が全員集結!」
ってやればいいのに
#-|2018/04/01(日) 12:39 [ 編集 ]

最近は裏事情とか力関係由来での陰謀や隠蔽で実はこうだったんです!!系が多く
山場も設定してあるけど結末が消化不良で終ってすっきりしない
長編見てても2時間見た甲斐があった!!って気持ちよさがない
#-|2018/04/01(日) 17:25 [ 編集 ]

相棒のテレビシリーズって面白いか?
脚本にツッコミどころがありすぎて不快しかなくて暫く観てないわ
#-|2018/04/01(日) 18:19 [ 編集 ]

相棒は一つも見たことありませんが
映画化で残念になる例えはよく分かります。
映画化でますます盛り上がったTVシリーズって何がありますかね?
TRICK?
#-|2018/04/01(日) 23:44 [ 編集 ]

TRICKはまた法則が違うと思う
あの監督は撮るドラマは全部面白いし、撮る映画は全部つまらん
漫画原作の映画もつまらんし、小説原作の映画も軒並みつまらん
#CjlWd7YA|2018/04/02(月) 14:44 [ 編集 ]

映画・ドラマの脚本なんて突っ込もうと思えば
いくらでも突っ込める
そういうツッコミどころに違和感を覚えさせないくらいに
視聴者を惹きつけられるのが面白い作品
脚本の重箱の隅突いてマウント取るようじゃ
まだまだ凡人
#-|2018/04/02(月) 21:29 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/29950-cbfe7002

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.