FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


本場四川の麻婆を食ってみたい

2018/03/18(日) 01:00:18
5 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/09/15(月) 05:07:46.91 ID:DELTFYPfi
本場四川の麻婆を食ってみたい

61 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/09/15(月) 06:34:07.73 ID:i/AtW0vy0
>>5
豆腐だけを箸でつまめよ
日本のやつみたいにレンゲで汁ごと行くと死ぬぞ

85 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[sage] 投稿日:2014/09/15(月) 08:22:45.25 ID:qeDaxgIB0 [1/2]
>>61
陳麻婆豆腐店に行ったときに現地の家族連れと相席になったんだけど、
俺が日本のノリで麻婆豆腐をレンゲ(スプーン)一杯にしゃくってかき込んだら
本気でびっくりしてたな。
その後当然えらいことになったんだけどw
で、「こう食べるんだよ」って感じで豆腐だけつまんでご飯の上に乗せる食べ方見せてくれたわ
たしかにそれだと美味かった


関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:13
<< お誘いホーム全記事一覧豹変 >>

コメント

うっかりすると四川をさまようのか
#-|2018/03/19(月) 01:14 [ 編集 ]

挽き肉入ったタレは豆腐に絡んだ分以外食わないって事なのか?
ちと勿体ない気もするが
#-|2018/03/19(月) 01:25 [ 編集 ]

※1が何か言ってる…!
#-|2018/03/19(月) 01:37 [ 編集 ]

※1 審議中(AA略
#-|2018/03/19(月) 01:51 [ 編集 ]

だって、だって中華一番の一巻だと…!
#-|2018/03/19(月) 05:11 [ 編集 ]

※1
きらいじゃないわ
#-|2018/03/19(月) 06:53 [ 編集 ]

本場の麻婆豆腐は豆板醤よりも山椒の独特の風味が強烈だから、初心者が
レンゲですくって食べるのはキツいかも。
#-|2018/03/19(月) 08:08 [ 編集 ]

※1 はワシが育てた
* #-|2018/03/19(月) 09:55 [ 編集 ]

山椒じゃなくて花椒なんじゃなかったっけ。
レンゲでガツガツ食えるかは別として、四川名指しにしてるなら風味は苦手じゃなくてむしろ好きなのでは。
#-|2018/03/19(月) 12:24 [ 編集 ]

四川麻婆はレンゲでガッツリいって
辛さと痺れで舌が馬鹿になってからが勝負
あとはひたすら豆腐の甘みを堪能できる
#-|2018/03/19(月) 14:59 [ 編集 ]

↑それ始めから甘い豆腐だけで良くない?
#-|2018/03/19(月) 15:19 [ 編集 ]

辛いの?辛いの?どっち?
#-|2018/03/19(月) 18:12 [ 編集 ]

↑辛いの方。
#-|2018/03/19(月) 19:54 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/29859-356b38d8

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.