FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2021年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


娘にされた衝撃なこと

2018/02/21(水) 22:56:06
279 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2018/02/20(火) 23:59:10.60 ID:hoiaNUc7
娘(ママ大好き)にされた衝撃なこと。

この間俺が風邪でダウンしたとき。
寝室で横になってたら、嫁の監視をすり抜けて長女が部屋に入ってきた。
長女「ママもお熱ある」
やばい、うつっちゃったのかなぁ、なんて考えてたら
長女「パパごめんね」
と俺の冷えピタ剥がして、持っていかれた。
泣いた。


関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:16
<< 公的な身分証明書ホーム全記事一覧彼氏と別れた >>

コメント

命は平等じゃないんだな
#-|2018/02/21(水) 23:05 [ 編集 ]

目的のためには私情をすてられるタイプの娘さんやなw
#-|2018/02/22(木) 00:50 [ 編集 ]

いやむしろ私情の最大限の優先だと思うが。
#-|2018/02/22(木) 03:32 [ 編集 ]

これは泣けるwww
#-|2018/02/22(木) 07:23 [ 編集 ]

謝ってるから、悪いとは思ってるんだw
#-|2018/02/22(木) 08:06 [ 編集 ]

命の取捨選択

この世は残酷だ
#-|2018/02/22(木) 09:13 [ 編集 ]

嫁のパパ教育に問題があるな。
#-|2018/02/22(木) 09:20 [ 編集 ]

娘さんは戦場で活躍するタイプ
#-|2018/02/22(木) 09:56 [ 編集 ]

トリアージされちゃったか
#-|2018/02/22(木) 13:26 [ 編集 ]

カルネアデスの板か、カンビュセスの籤か……
#-|2018/02/22(木) 14:41 [ 編集 ]

嫁さんが娘の前で旦那を立ててない…というか下げた言動してるのかなぁ
旦那の側の日頃の素行に問題があるのかも知れんけど
#-|2018/02/22(木) 18:58 [ 編集 ]

大体の家庭では子供の世話は母親主体だろうから、熱でママが倒れたら困る!→パパごめん、の流れだと思うなー。
#-|2018/02/22(木) 19:39 [ 編集 ]

単純にママの方が大事なんじゃね
長く一緒に過ごすし
#-|2018/02/23(金) 00:19 [ 編集 ]

なんてったって母親は
自分にご飯を毎日毎日365日作ってくれて様々な細かいことをめんどくさがらずに見てくれる大切な替えのきかない存在。
子供は母親がいなくなったら自分の命があやうい。
これは仕方のないことだから気落ちしなさんな。
#-|2018/02/23(金) 01:06 [ 編集 ]

※14
これが理由だと思う
#-|2018/02/23(金) 01:16 [ 編集 ]

動物は直接餌をくれる相手に懐くもんだ
#-|2018/02/24(土) 09:23 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/29687-0ac76731

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.