FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


おばあちゃんのお漬物

2018/02/14(水) 23:39:52
769 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/02/06(火)12:58:43 ID:06S
実家では、お隣のおばあちゃんからいつも漬物をもらっていた
ガレージの片隅で漬けていて、頂く時にはボウルを持ってぬか床から取り出したての漬物を
そこへ入れてもらう
大きいポリバケツにしわくちゃの手を肘くらいまで突っ込んで漬物を取り出す瞬間は、
見ていていつも楽しかった
漬物をいただく代わりと言っては何だけど、母が病院やスーパーへ車で送迎、
場合によっては付き添いしていたみたい

その母が「うちのお漬物は全部お隣のおばあちゃんが作ってくれたもの」と言っていたのを、
私は何を勘違いしたのか「この世すべての漬物はお隣のおばあちゃんが作ったもの」だと
勘違いしていた

スーパーで漬物を見るたびに誇らしい気持ちになっていたけど、小学校低学年くらいの時に
同級生に指摘され、そうじゃないことが分かった
「隣のおばあちゃんがそんなに凄い人なわけないじゃん」って笑いながら言われたのが
悔しくてたまらなかった
帰宅後、母に
「お隣のおばあちゃん凄いのに!あんなにお漬物おいしいのに!絶対スーパーのよりおいしいのに!」
と泣きながら縋り付いた
その次に貰ったお漬物がいつもより多かった。丸聞こえだったらしい。
恥ずかしかったと同時に懐かしい思い出です。

先日ご家族のご好意でお隣のおばあちゃんの法事に参加してきたので、懐かしくなって書き込みました。
例のぬか床は現在実家にありますが、やっぱり少し味が違う。
お隣のおばあちゃんのお漬物もう1度食べたいなあ



関連記事
スポンサーサイト
ほのぼのTB:0CM:7
<< さんまが電車で寝てる振りしてたらホーム全記事一覧質問です >>

コメント

ちゃんと糠床に魂を宿してあなたの家庭を見守ってくれているよ。
#qiZxG8oA|2018/02/15(木) 00:19 [ 編集 ]

子どもの頃に見えた世界だなあ。かわいい。
#-|2018/02/15(木) 01:03 [ 編集 ]

おばあちゃん嬉しかっただろうなぁ
#-|2018/02/15(木) 02:29 [ 編集 ]

糠床って家や個人保有の菌によって味が変わるからどうしても同じ味にはならんのよね
ばーちゃんの糠漬け旨かったなぁ。小学生で胡瓜の糠漬け一本食いしてたわ
#-|2018/02/15(木) 07:34 [ 編集 ]

漬ける人の表皮常在菌によって味が変わるから、隣のお婆ちゃんの漬物は唯一無二の味だったんだよ
#-|2018/02/15(木) 09:25 [ 編集 ]

おばあちゃんのご遺体の肘から先を落として糠に仕込んで「これでずっとおいしい糠漬けが食べれるね♪」って言うホラー展開が思い浮かんだので犬木加奈子先生よろしくお願いします
#-|2018/02/15(木) 15:47 [ 編集 ]

隣のおばあちゃん大好きすぎて可愛いw
#-|2018/02/16(金) 15:08 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/29630-7bff22c0

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.