FC2ブログ

続・妄想的日常

おかえり。 
585 :愛と死の名無しさん 2016/09/12(月) 15:32:40 ID:HDNu15mD.net
少し昔に出席した式
お相手は年上で婚歴あり
前の奥様とお子様は関西の実家に遊びに行った間に阪神淡路の震災で亡くなられた
それを友達が励まし続けてついに結ばれることになった
友達は一途に懸命に新郎に尽くしていた
本当に健気な子だった
が、最後の花嫁から両親への手紙が予想外のものだった
両親への言葉は最初の「今まで育ててくれてありがとう」程度で、
次に来たのが「新郎さんの近所に産まれて良かった」
その後のスピーチをまとめると

子供の頃から好きだった新郎さんが結婚したときはショックだった
だけど奥さんも子供も早くにお亡くなりになった
こ れ は チ ャ ン ス だ と 喜 び に 震 え ま し た
きっと前の奥さんとお子さんは私に幸せを譲ってくれてたのだと思います
月並みですが二人の分も幸せになります

誰も何も言わなかった
ただ空気が沈んだ
二次会も荒れはしなかったが盛り上がりもしなかった
新婦は新郎を幸せにしなきゃ!と使命感に燃えてるようなところがあったから
気持ちが前のめりになってしまったのだろうな
結婚生活では年若い妻として大切にされたそうだが数年後離婚した
亡くなっ子を思うと子作りする気になれないと言われ、
若いうちに再婚するよう説得されての離婚だったそうだ
正直配慮に欠けた発言だったと思うが、本当に全力で尽くしていたのも知っているので
なんか後味悪いと思った


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アタシなら墓場までもってくな
2018/02/11(日) 23:25 | URL | #-[ 編集]
誰が悪いわけでもないが誰も幸せになれなかったな
2018/02/11(日) 23:31 | URL | #-[ 編集]
墓場まで隠し通せば皆が幸せでいられたのにな

その場でブチキレて破談にしなかった辺り、新郎も新婦の献身を汲んだんだろうけど
理由はどうあれ妻子の死を喜ぶ人間と一生を共にするのは結局無理だよなあ
2018/02/11(日) 23:35 | URL | #-[ 編集]
> こ れ は チ ャ ン ス だ と 喜 び に 震 え ま し た

ゾッとした。

交際中はずっと黙ってたんだろうに、結婚式でこれを言っちゃったのはよほど舞い上がっていたんだろうか…


>新郎を幸せにしなきゃ!

これも新婦のエゴの押し付けだしなあ…

ただただ重い。
2018/02/11(日) 23:40 | URL | #-[ 編集]
人の不幸をチャンスって……悪気が無さそうなのが余計にぞっとする
2018/02/11(日) 23:50 | URL | #-[ 編集]
幸せってのが当事者だけの閉じた世界で
成立するって認識だったんだろうな
人との縁は緩やかにずっと繋がり連なっていて
人間関係の幸せはその中で成り立っている
自分中心の幸せだけしか考えられないから
元旦那の気持ちへの配慮が出来んのだよな
2018/02/12(月) 05:38 | URL | #-[ 編集]
そんなスピーチ聞かされたらお祝い気分にはなれないお。。
2018/02/12(月) 07:27 | URL | #-[ 編集]
人間誰しも汚く歪んだ欲望や本心があるとは思うけど改めて表に出されるとしこりが残りかねんわいな
本人はその時はきっとそれが側から見て素直に祝福出来ない話だって事すら分からない程に視野狭窄に陥ってたんだろな
2018/02/12(月) 09:10 | URL | #-[ 編集]
> 本当に全力で尽くしていたのも知っているので

どちらかがもう一方に「全力で尽くす」という関係の時点でもう歪みまくってるんだよ。

そんな関係が長続きするはずもない
2018/02/12(月) 14:20 | URL | #-[ 編集]
一方的に全力で尽くすことで依存しているわけで、男性側からしたらある意味縛り付けであり恐怖である。
2018/02/12(月) 18:25 | URL | #-[ 編集]
ただ「相手がどう思うか」を気にする心が、少しばかり欠けていたんだよ。
だから全力で尽くせるし、一途に健気にもなれる。
自分の欲望や正しさに、悩みや疑いを持っていれば、それが結局は「配慮」につながるんだ。

なぜ「好きな人の大事な妻子」が死んだことを、この人は悩めなかったのか。
人の不幸をチャンスと思う自分に、慄けなかったのか。
人間、心の中に魔性を飼ってても、そいつを呪わしく思うことは出来るのだ。
自分の魔性に気付かなくなることは、幸せとは言い難いのかもしれない。
2018/02/13(火) 12:13 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/29617-9470ee22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック