FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


中学の頃俺は口臭が酷くナチスの異名を持っていた

2017/11/04(土) 23:28:59
0034 [名無し]さん(bin+cue).rar 2017/11/03 13:07:55
中学の頃俺は口臭が酷くナチスの異名を持っていた
しかし演技力に自信のあった俺は来る学芸会の劇を汚名返上の機会と考え
回りが引くほど一人練習に励んでいた
そして本番、ヒロインの八坂さんが舞台の中央で毒を飲むハイライトシーン、
なんと効果用のシャボン玉作成機が動かなくなったのだ
この場を救えるのは村人Aの役が終わりやることがなくなった俺しかいない、
そう考えた俺はシャボン玉作成機の輪っかを抜くと液につけ、思いきり吹いて吹いて吹きまくった

無数のシャボン玉に囲まれ、幻想的な雰囲気のなか、八坂さんはゆっくりと毒を飲む振りをして
そのまま胸を押さえると思いきりゲロを吐いた
俺の口臭入りシャボン玉が割れるたびに異臭が発生し阿鼻叫喚の惨劇となる舞台
シャボン玉爆弾魔という新しい異名をもらった俺は部活をやめた


関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:12
<< 頼りがいのあるお父さんが欲しかったホーム全記事一覧仲良くなろうとする時に人をイジる癖があった >>

コメント

もうタイトルからして卑怯だわw
#-|2017/11/04(土) 23:44 [ 編集 ]

ブロッケン禁止の時代に
キラークイーン発動とはやるな
#-|2017/11/05(日) 00:01 [ 編集 ]

口臭がひどくてナチスの異名ってのは、
教室の空気が死ぬ程臭くなってガス室呼ばわりされてた、って理解でいいのかな
#FssLEsfQ|2017/11/05(日) 00:03 [ 編集 ]

※3
自分もはじめ良く分からんかったがそう言うことだろうな
口臭=ガス室=ナチスって物凄い発想だが

しかしこんなモテそうにないシーザーちゃん嫌だわ…
#-|2017/11/05(日) 00:26 [ 編集 ]

一行目から酷いw
#-|2017/11/05(日) 01:02 [ 編集 ]

部活だったのか。

っていうか、全体に読みにくい
#-|2017/11/05(日) 01:44 [ 編集 ]

口臭→ナチスになるのは
キン肉マンのブロッケンマンを見ていた世代じゃないか?
オジサンはすぐにそれを連想してしまったよ
#-|2017/11/05(日) 08:29 [ 編集 ]

小学生の時に、口臭きつくて
”呼吸”ってあだ名の奴がいたわw
#-|2017/11/05(日) 16:41 [ 編集 ]

今なら「殺超人ミスト」だな。
#-|2017/11/05(日) 21:09 [ 編集 ]

演技力に自信あって必死に練習して村人Aか
#-|2017/11/05(日) 22:19 [ 編集 ]

なんという負の胃酸。

#-|2017/11/05(日) 22:41 [ 編集 ]

ブロッケンマンからボマーに転身か…
#-|2017/11/06(月) 15:35 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/28942-fde0deba

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.