FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


理不尽です

2017/08/01(火) 23:54:19
145 メロン名無しさん sage 2017/06/10(土) 02:23:41.32 iUSNsJFz
ヤッターマン
ヤッターマンの存在意義が理不尽です。
そもそもドロンボー一味は毎回悪徳商法で金品をせしめて、それを元手にメカを作って
ドクロストーン獲得のたびに出ていますが、
ヤッターマンは毎回ドロンボーが稼ぎまくった後で、
後追いでドクロストーン奪取の邪魔をしているだけです。
 しかも、メカは破壊しますがドロンボー一味は放置。
おかげで毎回善良な市民が金品を奪われる羽目になっています。
 結局、犯罪防止にも予防にもなっていません。
 さらに、よく考えるとメカを破壊しなければ毎回作り直す必要も無いので、
悪徳商売をする必要も無くなる(少なくとも必要金額は減るはず)わけです。
 つまり、ヤッターマンが邪魔をするおかげで善良な市民の金品が奪われ続けているともいえます。

ドクロストーンなんか手に入れてもドクロベェが宇宙に帰れるだけなんだから、
放置してたほうがマシでしょう。
(ドクロストーンが金銀財宝のありかを示しているとしても、単なるトレジャーハンティングなので
別にそれ自体は悪事ではない)

ヤッターマンが実質、ドロンボーの犯罪を拡大させているのが理不尽です。

長々と失礼しました。

148 メロン名無しさん sage 2017/06/10(土) 12:56:52.93 cz/1J5Fk
>>145
犯罪組織に打撃を与えることで、結果的にその犯罪組織がさらに犯罪を拡大しているという
面があるとしても、批判されるいわれはありません
たとえば、警察やマスコミは、オレオレ詐欺の手口を人々に広めて詐欺団の犯罪をやりにくく
しますが、すると、詐欺団はすぐに新しい手口を開発し、犯罪を続けます
あなたは、詐欺団の犯罪を拡大していると、警察やマスコミを批判するのですか?

警察といえば、悪徳商法の摘発は警察の仕事です
ヤッターマンは、別に公的権力を背景にしているわけではなく、立場は一般市民です
捜査権も逮捕権もありません(現行犯なら一般市民でも逮捕できますが)
悪徳商法の防止や予防に関して、ヤッターマンには、特別な権限はなく、責任も義務も
ありませんから、それができていないからといって批判するのはお門違いというものです


関連記事
スポンサーサイト



バカ回答TB:0CM:3
<< 待っているホーム全記事一覧夢から目が覚めたら >>

コメント

責任も義務もないのにしゃしゃりでて
被害拡大させてるんだから余計なお世話もいいところ
自分を正義だと思いこんで怒鳴り散らすババアやジジイと一緒
#-|2017/08/02(水) 11:54 [ 編集 ]

ヤッターマンがメカを破壊しなかったらドロンコのすっぽんぽんも見られなくなるじゃないか!
#-|2017/08/02(水) 12:44 [ 編集 ]

市民が武装すればとりあえずこの問題は解決しますね
#-|2017/08/05(土) 12:38 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/28248-d997cb6a

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.