FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2019年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


民進党・玉木議員「四国では鳥インフル、口蹄疫が起きてないから対策・予防する必要がない」

2017/07/29(土) 23:32:10
6 名前:名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [TH][] 投稿日:2017/07/26(水) 17:20:43.54 ID:BZv386650.net
「うちの店は食中毒出したことないから対策・予防する必要がない」
 
飲食店主に例えたらこんな感じ

400 名前:名無しさん@涙目です。(茸)@\(^o^)/ [RO][sage] 投稿日:2017/07/26(水) 18:16:44.43 ID:KQITcvCF0.net
>>6
「バグったことないからテストの必要がない」
 
ITに例えたらこんな感じ


関連記事
スポンサーサイト
バカ回答TB:0CM:12
<< テレフォン人生相談ホーム全記事一覧ママ、怒ってばっかりでごめんね… >>

コメント

これは「まるでダメ」カテゴリだと思う、玉木議員がw
#-|2017/07/30(日) 05:47 [ 編集 ]

こんなバカが国民の代表ってんだからなぁ
国民がバカだって触れ回ってるようなもんだぞこれ
#-|2017/07/30(日) 07:23 [ 編集 ]

「不渡り出したことがないから倒産しない、融資しろ」
「今まで事故起こしていないから、保険などかける必要ない」
いくらでも出てきますな、この大喜利案件。
#-|2017/07/30(日) 12:34 [ 編集 ]

別に自分は原発反対派ではないけど
「うちの地方では原発事故は起きていないから対策・予防する必要がない」

原発関係に例えるとこんな感じですか
#-|2017/07/30(日) 12:37 [ 編集 ]

スーパー堤防はスーパー無駄遣い、とかあったな。
#-|2017/07/30(日) 13:53 [ 編集 ]

今まで妊娠してないから避妊の必要は無い
#-|2017/07/30(日) 14:50 [ 編集 ]

こんなのが与党時に福島地震が起きたってのが、最大の天罰か。
#-|2017/07/30(日) 21:21 [ 編集 ]

タマキンに投票した奴どうすんのマジで?
#-|2017/07/30(日) 22:02 [ 編集 ]

予防の意味が分かってないのか
#-|2017/07/31(月) 04:42 [ 編集 ]

100年に一度の災害なんて想定、対策すするのは無意味金の無駄、と事業仕分けしたら大震災だもんな。
宮崎口蹄疫の件もあるし、民進党マジで無能。
#W/rnq/Fg|2017/07/31(月) 11:41 [ 編集 ]

「いくら民進党議員でも、こんなバカな事は言ってないよな?」
と調べたら、本当に言ってて大変ショックを受けている。
対策・予防ってマジ大事だわ。
#-|2017/08/01(火) 21:47 [ 編集 ]

なんでこういう発言は問題視されないんや…
与党なら辞職とかされるんですよね
#-|2017/08/07(月) 13:22 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/28223-748e3508

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.