FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


フレディマーキュリーもかなりの親日家だったよね

2017/06/13(火) 12:00:00
697 名無しさん@恐縮です 2017/06/12(月) 18:57:29.84 ID:/trN/26z0
フレディマーキュリーもかなりの親日家だったよね
せっせと日本の骨董屋でいろいろ買い集めたり
ラーメン好き秋葉系でレース好きのキアヌとはちょっと違うけど

706 名無しさん@恐縮です sage 2017/06/12(月) 19:09:58.57 ID:MdpDGQR30
>>697
フレディは日本人にお前は侘び寂びがわかっとらん!
って怒鳴りつけちゃうぐらいの日本通だからなw

710 名無しさん@恐縮です 2017/06/12(月) 19:13:12.35 ID:/trN/26z0
>>706
へー嬉しいねそこまで日本好きなの

714 名無しさん@恐縮です sage 2017/06/12(月) 19:18:12.30 ID:MdpDGQR30
>>710
フレディが自宅に日本庭園を造ろうとして日本から職人を呼んだのね
職人はイギリス人に気に入ってもらおうと思って外国人好みのちょっと派手目の庭園を造った
そしたらフレディは前述の通り怒ったわけ

侘び寂びを理解するフレディもスゴイし
異国人に気遣いした職人も良い人じゃんってことで
良いエピソードだなよね


関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:8
<< リアリティホーム全記事一覧パンダが生まれて皇室みたいな扱いで笑ってしまうw >>

コメント

欧米の富豪が道楽で作った日本庭園で、夜鳴き蕎麦の屋台が置いてある写真を見て笑ったことがある
#-|2017/06/13(火) 12:20 [ 編集 ]

その骨董屋巡りで見付けた気に入りの火鉢を、彼氏との喧嘩の果てに
ホテルの窓からぶん投げたんだっけ
#-|2017/06/13(火) 13:40 [ 編集 ]

まあ、実際知らんよな。
ニュアンス的なものじゃなく、侘びと寂び、それぞれの言葉に意味があるけれど、それも。
#-|2017/06/13(火) 14:02 [ 編集 ]

職人は余計なことしかしてないだろ
そこは良い話じゃねえよ
#-|2017/06/13(火) 14:48 [ 編集 ]

あんまり簡単にホルホルするの恥ずかしくないか?
本当の自信があればこんなネタで盛り上がらないぞ
#-|2017/06/13(火) 22:40 [ 編集 ]

そりゃまぁクロマティ高校出身だし日本とは縁が深い
#-|2017/06/14(水) 01:20 [ 編集 ]

※5
外国と比べて日本は優れている、みたいなネタで盛り上がるのは恥ずかしいことだが
単純に日本を好きでいてくれる人の話を嬉しいと思うのは恥でもなんでもないだろう
好きなものが褒められて誇らしいと思うのは人間として自然な感情だ
#-|2017/06/14(水) 01:54 [ 編集 ]

イギリス人の感覚じゃないだろサンジバル出身じゃん
#-|2017/06/14(水) 06:11 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/27893-a3810c68

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.