続・妄想的日常

おかえり。 
240 名無しさん@1周年 sage 2017/02/09(木) 01:35:44.45 E0G/yD8t0
高校の時、スクールカースト最下位層ばかり集めて避難所みたいな部活を作った。
居場所がないヤツもゲーム好きも沢山入部して一大勢力になったから、
生徒会に立候補して当選した。

先生や活動金を使った嫌がらせに加えて創価学○式の嫌がらせをして、
ノーリスクハイリターンの復讐をしまくった。

スクールカースト最下位層のヤツは優しすぎで自信がないだけで、知力はふつう。
精神的な粘着力は常人の三倍ぐらいある。
足りないのは「自分達は世直しをしている」と確信を持たせる事。

何故か生徒会室には決戦用の?火炎瓶を用意してたっけ。面白かったなー。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうなんだすごいね
2017/02/10(金) 13:21 | URL | #-[ 編集]
こういう文章って一生残るって考えると頭掻き毟りたくなってくる
2017/02/10(金) 13:48 | URL | #-[ 編集]
きみは連合赤軍のフレンズなんだね
すごーい
2017/02/10(金) 13:52 | URL | #-[ 編集]
わーい
2017/02/10(金) 14:18 | URL | #-[ 編集]
で、何したの?
2017/02/10(金) 14:29 | URL | #-[ 編集]
中学だけど、そういう連中が集まってボランティア研究会というのを立ち上げていた。30年後の同窓会で聞いたらまだ存続していて、部活に馴染めない子の受け皿として機能しているらしい
2017/02/10(金) 15:08 | URL | #-[ 編集]
いい話なのか否かはさておいて、最後のは凶器集合罪です
2017/02/10(金) 15:30 | URL | #-[ 編集]
ディオゲネスクラブだな
2017/02/10(金) 15:40 | URL | #-[ 編集]
言いたい事は分からんでもないけど、一大勢力になれるくらい最下位の人間が大勢居たのか・・・
ああいうのって1クラスに居ても二、三人くらいじゃね?
2017/02/10(金) 16:04 | URL | #-[ 編集]
※9
自分の母校基準で考えると8クラス3学年だから1クラス2.5人として60人
約2クラス分、その辺のクラブより人数も団結力も桁違いだな
やろうと思えば革命くらい起こせるんじゃね?
2017/02/10(金) 16:52 | URL | #-[ 編集]
光画部が天下を取っていたらこうなってたのかなw
もっともあちらは火炎瓶ではなくガトリング砲だったか。
2017/02/10(金) 17:15 | URL | #-[ 編集]
やだーとさかさん無双じゃないですかそれー

勢力はかけらも無かったけど誰もやらない生徒会やって好き勝手してたのはいい思い出
2017/02/10(金) 18:59 | URL | #-[ 編集]
どれだけ劣等感がつのったら
こういう妄想抱くようになるんだろう
2017/02/10(金) 20:29 | URL | #-[ 編集]
※3,4
なんか流行っているとは聞いていたので、第1話の動画を探して見てみた。

…脳が溶けそうwww助けてwww
2017/02/10(金) 20:43 | URL | #-[ 編集]
※14
きみもフレンズなんだね!
やったー!
2017/02/10(金) 22:46 | URL | #-[ 編集]
こいつ友達居ないどころか、まともに人と話した事すらほとんど無いんだろうな・・・

妄想すら哀し過ぎる
2017/02/10(金) 23:39 | URL | #-[ 編集]
優しすぎるやつが嫌がらせに知力を絞るのねー
へーw
2017/02/10(金) 23:42 | URL | #-[ 編集]
まぁこれは妄想かどうか知らんけど、人間頭のスイッチが切り替わると持ち前の特性やベクトルが逆噴射するのはよくある傾向。
2017/02/11(土) 03:32 | URL | #-[ 編集]
お金もらってお酒飲みながら聞いてもつまらない話
2017/02/11(土) 09:20 | URL | #-[ 編集]
男の嘘松には甘いこんな世の中じゃ
2017/02/11(土) 13:02 | URL | #-[ 編集]
3行目で止めとけばよかったものを
2017/02/12(日) 21:07 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/27137-555dad17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック