続・妄想的日常

おかえり。 
21 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (アウアウウー Sa47-Xxrp)[sage] 投稿日:2017/01/27(金) 07:15:06.42 ID:MP6pkdeda [1/2]
キチガイみたいな製法の信州サーモン知らんのか?
http://www.pref.nagano.lg.jp/suisan/jisseki/salmon/dekirumade.html

22 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (アウアウウー Sa47-Xxrp)[sage] 投稿日:2017/01/27(金) 07:16:00.26 ID:MP6pkdeda [2/2]
>>21
普通、ニジマスとブラウントラウトを交配させても、その子どもはほとんど死んでしまいます。そこで、

(1) 普通のニジマスの受精卵(2n=二倍体)に高い水圧をかけて染色体を2倍(4n)に増やします。

(2) 成長した四倍体(4n)の雌から採った卵子にブラウントラウトの精子を受精させ、三倍体を作ります。

 三倍体は、雄も雌も子どもを生むことはありませんが、雌は卵をもたないため、
 その栄養が成長にまわり通常よりも大きくなり肉質もよくなります。
 そこで、

(3) ブラウントラウトの雌を雄性ホルモンで性転換させ、将来雌になるX精子しか作らないようにして
   四倍体ニジマスの卵子と受精させます。

 こうして、すべて雌の三倍体(信州サーモン)が生まれます。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
メンデルもビックリだよ
2017/02/04(土) 12:32 | URL | #-[ 編集]
スゾーンは納得するかな
2017/02/04(土) 13:24 | URL | #-[ 編集]
6つの子供!
2017/02/04(土) 14:21 | URL | #-[ 編集]
はえ~現代科学ってすんごい・・・
2017/02/04(土) 14:32 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
遺伝子組み換えではないけど弄りまくってる、でOK?
しかし日本人の食にかける情熱ってもはや偏執狂レベルだな
2017/02/04(土) 14:45 | URL | #-[ 編集]
すっごい非科学的な感情論ですまんが
こんなの食いたくねえ・・・
2017/02/04(土) 15:34 | URL | #-[ 編集]
別に特殊なことではないよ
この手のはごく普通に売られてるよ
身近なところでは種なしスイカなんかがそうだね
2017/02/04(土) 17:16 | URL | #-[ 編集]
でも美味いのよねー
2017/02/04(土) 18:57 | URL | #-[ 編集]
性転換した雌の精子って言われたら!?
ってなるけど種無しスイカの技術って言われたら、はえ~文明しゅごいぃ~ってなるな
2017/02/04(土) 20:48 | URL | #-[ 編集]
なんかいつの間にか神の領域に踏み込んでるような
2017/02/04(土) 21:03 | URL | #-[ 編集]
この方法でヒト作ったら
日本人最強力士できそうやな
2017/02/04(土) 23:20 | URL | #sIVvp/1E[ 編集]
農学って面白そうだってことに若い頃気づけていたら人生変わってたかも
2017/02/05(日) 00:18 | URL | #-[ 編集]
別に遺伝子操作とか自然界じゃ有り得ない化学処理を施してる訳じゃないよ
特殊環境でしか発生しない雑種が更に特殊環境で変異して雑種を産むって言う奇跡の条件を見つけて再現することに成功しただけのお話だよ
2017/02/05(日) 02:54 | URL | #-[ 編集]
確か今、食べられてる米も改造され過ぎて
決して自然には生まれないし、
人間が世話を止めると、絶滅するらしいな。
2017/02/06(月) 14:34 | URL | #nj5dfDs2[ 編集]
※14
品種改良で産み出されたものはそういうのが多いね
蚕は自然界で生きていけないし、プルドッグは自然分娩出来ない
人が面倒を見る前提で造られた種は自然回帰や
野生での生存能力を失ってるのがままいる。
2017/02/06(月) 17:45 | URL | #-[ 編集]
アマゴは受精卵をぬるま湯につけるだけで三倍体になる
2017/02/08(水) 03:21 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/27093-49f5ed90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック