FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


梅毒

2017/02/04(土) 12:00:00
144 名前: ナガタロックII(関東・甲信越) [US] [sage] :2017/01/30(月) 03:58:32.93 ID:Fp76OKDQO
コロンブスの乗組員がインディアン女から風土病の梅毒を貰って帰欧。
それからユーラシア大陸を横断して日本列島まで到達し、
日本人医師が「近頃、変な病気が流行りだして…」と日記に記すまで、僅か20年だった。
病気・武器・麻薬・金は風よりも速く旅をし、国境を易々と越えるのだよ。



関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:12
<< 毎月スカトロビデオ買ってたらホーム全記事一覧落とし穴 >>

コメント

問題はそこじゃなくて、最も早いのはエロを介する場合だって事じゃない?
#-|2017/02/04(土) 12:18 [ 編集 ]

見方を変えるとエロが地球を救う可能性が!!
・・・ないな
#-|2017/02/04(土) 12:30 [ 編集 ]

風は20年もかからんと思うが…
#-|2017/02/04(土) 15:09 [ 編集 ]

ナガタロックよりストレッチプラムだったらよかったのに(梅的に)
#-|2017/02/04(土) 15:22 [ 編集 ]

※2
エロみたい!→ビデオデッキ普及
エロみたい!→パソコン普及
エロみたい!→秋葉原あの有り様
だしな。エロいことしたい!で家庭用ヒューマノイドが普及するのも
時間の問題だと思う。地球が救えるかどうかは知らんが。
#-|2017/02/04(土) 16:30 [ 編集 ]

コロンブスの乗組員ってことは、どうせ相手を人間扱いしてなかった、ぶっちゃけレイプだったんだろうし、罰がくだったんだよ。
どの神がくだしたかは分からないけど
#-|2017/02/04(土) 19:56 [ 編集 ]

異例の速さでのバイアグラ承認もエロのおかげだった
#-|2017/02/04(土) 21:48 [ 編集 ]

一番デカいのが抜けてるぞ
エロパワーで世界規模に広まったのがインターネット
#-|2017/02/05(日) 02:59 [ 編集 ]

人間を行動させるには、動機は不純な方がいいんだよ。
#-|2017/02/05(日) 03:23 [ 編集 ]

社会学的には不純かもしれないが、生物学的には割りと順当と言えるかもしれん。
#-|2017/02/05(日) 08:41 [ 編集 ]

近所の病院がHPで「華やかな歴史を持つ性病」と説明していた。
MERSとかもあっという間だったし、現代はもっと怖いね。

いろんな問題は置いといて、戦争とエロは技術革新において最も重要な要因の一つであることは間違いないw
#-|2017/02/05(日) 11:35 [ 編集 ]

※6
コンキスタドーレスに天然痘持ち込まれて絶滅したネイティブアメリカンの部族はどういう罪を犯したことになるんだ?

#-|2017/02/05(日) 18:26 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/27088-2529e3f3

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.