FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2020年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


行けたら行くね

2017/01/28(土) 12:00:00
46 名無しさんは見た!@放送中は実況板で sage 2017/01/25(水) 01:39:06.56 ID:AYhNaUX+
行けたら行くね、は行くつもりないってのはわかるけど、実際行ったら駄目なもんなの?

51 名無しさんは見た!@放送中は実況板で sage 2017/01/25(水) 01:42:12.74 ID:lk7WUWNA
>>46
ここは関東関西でニュアンスが別れるらしい

関東人にとって「行けたら行く」はなるべく行くように善処すること
関西人にとって「行けたら行く」はおそらく行けないだろうけど簡単に断ると
相手が気を悪くするのであえて言う

そのあたりで断絶があるそうな


関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:11
<< 東京大空襲被害地域で地面掘ってると、まれに人骨がでるぞホーム全記事一覧【芸能】<木村拓哉>「俺はきれいな女性大好きですもん」 >>

コメント

そうすると愛知とか静岡辺りでは
来るの来ないので揉める訳か
#-|2017/01/28(土) 13:48 [ 編集 ]

関西住みだけど人と土地によると思うの
#-|2017/01/28(土) 14:50 [ 編集 ]

関東人だけど「行きたい気持ちはあるけど外出準備がメンドイ」かな
十中八九行かない、というか行けないまま終わる。
#-|2017/01/28(土) 15:43 [ 編集 ]

こないだの『カルテット』思い出した、
「なんで来たの? もう席ないよ? え、怖い怖い怖い」って言われてまうw
#-|2017/01/28(土) 19:33 [ 編集 ]

行けたら行くは、まさに言葉通りの意味でしか使わん
用事が無くて行けるとなったら行くし、それで行って何で来たと言われたらその場で回れ右だわ
#-|2017/01/28(土) 20:33 [ 編集 ]

関西だと、「考えときます」もお断りだし、「こんど行かせてもらいます」も、今は無理、の婉曲表現。
なので、関西人は「こんど」の電車が「つぎ」より早く出発すると驚く。
#VWFaYlLU|2017/01/28(土) 21:43 [ 編集 ]

起きたら昼だった→行かない
玄関開けたら雨降ってた→行かない
行くつもりだったけどなんかもう夕方→行かない
寒い→行かない
#-|2017/01/28(土) 21:51 [ 編集 ]

誘われたことのない俺に謝れ。
#-|2017/01/28(土) 22:35 [ 編集 ]

ごめんね、ごめんねーぇ
#-|2017/01/30(月) 02:27 [ 編集 ]

自分の場合、時と場合と気分によってニュアンスが変わるわ
#-|2017/01/30(月) 10:01 [ 編集 ]

なるべく行けるように努力はするけど(行くための準備とか自分の気力やら整えるのが正直面倒なので)行かなかったとしても許してね、かな。
#-|2020/04/26(日) 16:54 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/27046-317a93d7

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.