続・妄想的日常

おかえり。 
598 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2017/01/15(日) 21:47:03.93 ID:91l6erAh.net
ちょっと笑える話の後にこんな話ですまぬ

バツイチ子連れ同士の再婚前に試し同居をしている最中で彼女が事故で亡くなった
その後、彼女の子は元夫側の実の親の元で育てるべきという意見が認められてそちらへ
半年ぐらいして病院から電話→子の実父とその恋人からの虐待が原因で
集中治療室に入った子を見たときが最大の修羅場

それから試し同居の実績と何より子供本人の希望があって俺の娘に
先日無事に成人式を迎えた

はじめてのお酒は父さんとお姉ちゃんたちと飲んでみたかったんだとか言って
一人前に酒なんか買って来てさ
そのうち彼氏とか連れてきたりするのかなあ



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おう、ちょっとしょっぱい酒を存分に味わえ(´;ω;`)
2017/01/18(水) 20:27 | URL | #-[ 編集]
赤の他人の独身男のとこに養子が来たんだ?
2017/01/18(水) 20:50 | URL | #-[ 編集]
先妻との子が(たぶん複数)いたからかな
2017/01/18(水) 21:11 | URL | #-[ 編集]
だね、同居の実績もあるし姉と呼べる子もいて環境や間柄に問題なし
そうわかるように書いてあるのに※2は何だ
どうあっても創作認定したいのかw
2017/01/18(水) 22:17 | URL | #-[ 編集]
引き取り手の"元親の実の親"は何をしてたんだと
年寄りだから何もできなかったのだろうか
2017/01/18(水) 23:01 | URL | #-[ 編集]
父方祖父母の下で育てられる事になったけど
体力か金銭か体面的な事等で実父の下へ→虐待 って所か
年寄りだろうが養育権手にしたなら祖父母しっかりしろよ
離婚した元嫁(亡くなった彼女)の血を引く孫が本心では
可愛くなかったとかなのかな
2017/01/18(水) 23:27 | URL | #-[ 編集]
肉親でもないのに病院から連絡、なあ・・・
実父あたりが病院から連絡って書いてくれたらひっかからないのに
2017/01/18(水) 23:45 | URL | #-[ 編集]
引き取った祖父母がどうのと書いている人は
「元夫側の実の親の元で育てるべきという意見」
に「元夫の実の親」の影を見てているんだろうか。
「元夫側の『実の親の元で育てるべき』という意見」
だろうから祖父母関係ないと思うんだけど。
2017/01/19(木) 00:54 | URL | #-[ 編集]
※7
同居実績があるんだからレス主が病院に連れて行ったことくらいあるだろ。
集中治療室行きクラスの虐待じゃいつ実親に殺されるか分からんし緊急避難的な対応として適切だろう。

創作認定厨ってほんと創作認定好きよね。この手のまとめサイト来なけりゃいいのに。
2017/01/19(木) 01:12 | URL | #-[ 編集]
こういうことが実際にあってもおかしくない世の中ポイズン
2017/01/19(木) 09:17 | URL | #-[ 編集]
引き取っておいて虐待する親ってなんなの
養育費はこの場合無いだろうから
子ども手当とかが目当てなの?
子ども手当で貰える金より子育てにかかる金の方が高いと思うんだけど馬鹿なの?
2017/01/19(木) 16:31 | URL | #-[ 編集]
馬鹿なんだよ
2017/01/19(木) 16:37 | URL | #-[ 編集]
実際信じられないほどのバカは存在する
はるかぜちゃんのTwitter見てるとよく分かる。
2017/01/19(木) 21:56 | URL | #-[ 編集]
※9
この手の奴らにとっては子供は自分の所有物で、所有物を盗られたので取り返しただけであり、所有物だから自分が生かすも殺すも自由って考え方。
2017/01/19(木) 23:37 | URL | #-[ 編集]
※11
そもそも損得勘定で合理的に行動できる人間は子供を病院送りになんかしない。リスクが高すぎる

単に感情がセーブできてないんだよ
わざわざ室内犬飼ったのに、夜中に吠えたからムカついて蹴飛ばしたら死にました、みたいなレベル
2017/01/20(金) 13:18 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/26977-b28681b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック