続・妄想的日常

おかえり。 
339 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2016/12/12(月) 12:46:36.83 ID:cfVAZlvQ0
日米の合同演習で攻守に分かれて相手の陣地の旗を奪うという訓練で
アメリカのチームは騎兵隊みたいに正面突破してくるのに対して
日本のチームはハンドサインだけで連絡しつつ音もなく忍び寄って
いつの間にか旗が取られてるから「忍者だ」と驚嘆されてるそうだ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
激嘘
2016/12/14(水) 12:52 | URL | #-[ 編集]
もう「日本すごい」話はいいよ…。
2016/12/14(水) 12:58 | URL | #-[ 編集]
それが事実なら別に日本称賛でも何でも良いわ
少なくともここは大した頻度じゃないだろ
2016/12/14(水) 14:11 | URL | #-[ 編集]
ずいぶん平和な話だな
2016/12/14(水) 14:12 | URL | #-[ 編集]
アメリカ「俺が!ヒーローに!なる!」
日本「目的が達成できればいいや。それより無事に早く帰りたい」

ていう国民性ネタじゃん。どっちが勝つとかそういう話じゃないだろ
2016/12/14(水) 16:22 | URL | #-[ 編集]
実践経験豊富なアメリカ軍がそんなアホなことするかねぇ
2016/12/14(水) 16:29 | URL | #-[ 編集]
こんな話信じる人いるの?とは思うけど、一定数いるんだろうな。。
2016/12/14(水) 17:09 | URL | #-[ 編集]
訓練でそんなアホな事する米兵がいるわけないだろクソ創作が
2016/12/14(水) 17:42 | URL | #-[ 編集]
昔はこの手の話は好きだったけど、
今はこのジャンルは創作まみれになっちゃって
まず疑うことしかできなくなったよ。


この本読んだらアメリカの一般兵は練度が低いと書いてあった。
でもこの本自体がすごく創作っぽい。

国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動 (文春新書) | 伊藤 祐靖 |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4166610694
2016/12/14(水) 17:51 | URL | #-[ 編集]
歪んだ愛国心
2016/12/14(水) 19:11 | URL | #-[ 編集]
米はトップと一般の差が激しいので
日本の一般が米の一般とやったらこの話みたいになるけど
日本のトップと米のトップがやると逆転するのが普通なので
又聞きだとこんな話になってもおかしくはない
2016/12/14(水) 21:31 | URL | #-[ 編集]
米兵にしてみたら騎馬戦ぐらいのつもりで出たら調子が違った
ぐらいの話をいい感じに解釈したってことならあるかもね
2016/12/14(水) 23:16 | URL | #-[ 編集]
日本側の参加者は、
「向こうはやはりスタミナが全然違う。
正面突破と言っても、やみくもに攻めるのではなく、アメフトのように司令塔を中心に連携が取れていて、こちらの防御の弱いところを確実に突いて来る。正攻法が強いのは真に強いと言うことだ。さすがアメリカだ」
とかナントカ言ってたら楽しいかも。
2016/12/15(木) 00:28 | URL | #-[ 編集]
そうだそうだ。
2016/12/15(木) 09:18 | URL | #-[ 編集]
レクリエーションやろなあ
実戦を想定した訓練で旗の奪い合いは意味わからんしな
2016/12/15(木) 19:01 | URL | #-[ 編集]
国民性で語るならば、アメリカは力とか物量で押してくる「ドカーンバーン」なことは得意だけど
みんなで力を合わせるチームワークが物を言うことは日本のほうが得意、というのはある。
2016/12/15(木) 20:17 | URL | #-[ 編集]
それが日本の国技は個人競技の相撲で
アメリカの国技とされるのはチーム戦の
野球やアメフトってのが面白い
2016/12/15(木) 22:42 | URL | #-[ 編集]
>実戦を想定した訓練で旗の奪い合いは意味わからんしな

殺し合う(死亡判定)だけだと陣地の攻守の意味が無いので、旗を取られたら陣地の中心部まで攻略されて負けというのは普通っぽいけど
2016/12/19(月) 12:26 | URL | #vZ8/ezjk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/26786-1faa1708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック