FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2020年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


あるよ!

2016/12/07(水) 12:00:00
563 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/12/05(月) 04:39:10.54 ID:/5hXvrH2.net
うちの父がケガで頭を強打し、救急車で運ばれて緊急入院した時
運ばれた病院では翌日とりあえずの入院費を払わないといけないことになっていて
しかも大部屋や個室が満室で、3万/1日の特別室しか空いてなくて請求額36万円…
突然のことだったしそんな大金は持ってなく、受付で母と同時に固まってしまった時
一緒についてきてくれた叔父(父の弟)が後ろから

「〇〇さん(母の名前)あるよ!大丈夫」

と言って持っていたセカンドバッグから封筒に入ったお金を差し出してくれました。
叔父が入院にはまとまったお金が必要だと思い、用意してくれていたのです。
母とその場で号泣してしまいました。
叔父は独身で子供もなく一人。
今後、叔父孝行もしないとと考えています。



関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:28
<< ジャッキー・チェンホーム全記事一覧美容室 >>

コメント

特別室とかでも、病院側の都合(他が使えないため)の場合には通常の金額でしか請求したらダメだったはず。

厚生省も通達だしていたし、本当のことなら、普通に差額取り戻せる案件。
「差額ベッドについて」という厚生労働省通知とか探してみ。
#-|2016/12/07(水) 13:26 [ 編集 ]

有能な※1だな
#-|2016/12/07(水) 14:18 [ 編集 ]

とりあえずの~とは書いてあるし、相談したらケースワーカーが出てくるのかもしれんが、なんか嫌な病院だな。
#-|2016/12/07(水) 14:29 [ 編集 ]

叔父さんに惚れた
#-|2016/12/07(水) 14:38 [ 編集 ]

米1
勉強になった
#-|2016/12/07(水) 14:51 [ 編集 ]

部屋選べない時は大部屋料金しか取れねぇだろってツッコミに来たら既に詳しく書かれてた
#-|2016/12/07(水) 15:59 [ 編集 ]

入院の時にあれこれサインする書類の中に、差額ベッド代を支払う旨の書類も挟んでどさくさでサインさせる病院もかつてあったとか。
今はもうないと思いたい。
サインするときは慎重になろうと思ったよ。
#-|2016/12/07(水) 17:16 [ 編集 ]

「治療のために個室が必要」とか、「相部屋がいっぱいだから」とか。
とにかく「病院側の都合で」個室にされた場合は差額払わなくていいんだよ。
#-|2016/12/07(水) 17:19 [ 編集 ]

タイトルでHEROのあの人かと思った
#-|2016/12/07(水) 18:54 [ 編集 ]

あったよ!入院費が!
#-|2016/12/07(水) 18:56 [ 編集 ]

これ一般病室の値段相当でよかったはず…と思ったら
※1がいい仕事してくれてた。

緊急時にかこつけてこういう請求はよくないねぇ
#-|2016/12/07(水) 18:56 [ 編集 ]

うわあ米1マジか知らなかった
#-|2016/12/07(水) 19:48 [ 編集 ]

うちも父親が年末ギリギリに入院した時とにかく一度支払いしてくれ、ってなって
父ちゃんが無理言うな!って切れてたなあ…いやしょうがないのは分かるんだけど
こっちも急にン万円用意しろと言われてもキツイんですよ…
#-|2016/12/07(水) 22:53 [ 編集 ]

※10
でかした!
#-|2016/12/07(水) 23:36 [ 編集 ]

※1
本当か…知らなかった。普通に払わなくちゃいけないもんだとばかり…。
有能情報ありがとな。
#-|2016/12/08(木) 08:39 [ 編集 ]

※1が真っ先に書いてくれてて良かった
部屋はないが救急搬送を受け入れる=病院側都合ということで、このケースでは病室の差額料金は発生しません
#-|2016/12/08(木) 10:16 [ 編集 ]

差額料金なしだとしても、まだ1泊なんだから
請求額33万円で大差ないんじゃないの
#-|2016/12/08(木) 12:34 [ 編集 ]

※14
あるある。
後でまとめて返ってくるけど、とりあえず払い込まなければいけない時ある。
かーちゃんのヘソクリってこんな時のためにあるんだよな…。
#-|2016/12/08(木) 13:57 [ 編集 ]

入院説明の時にわやわやした説明で
「個室しかありませんがよろしいですか?」って
同意取ろうとして来る病院あるから注意な
他に空きがないことの確認はしつこくしておくといい
#-|2016/12/08(木) 16:29 [ 編集 ]

自分は7年前に救急搬送されて意識朦朧としてる中で、個室料金払いますって同意書書かされてて、文句言えない状況にされてたよ。
みんなも気をつけてなー。

入院直後に一時金〜って身寄りがない人とかどうすんだろ?
#-|2016/12/08(木) 19:57 [ 編集 ]

有能な米1がいると聞きまして…

実際医者なんて隙あらば金儲けしようとする連中ばかりさ
看護師がちょっと頭を押さえただけで介助料上乗せしたり
ウイルス性の風邪で抗生物質出したり
133万円する点滴薬を100歳の爺さんに使ったり
みんなもググって事例を見て気を付けてほしい
医療費40兆円のうち、本当に必要だったのはいくらだったのか
#-|2016/12/08(木) 23:59 [ 編集 ]

ちゃんとお金は叔父さんに返したんだよな…?
何故かそのまま奢ってもらったかのような印象を受ける
#-|2016/12/09(金) 09:15 [ 編集 ]

↑↑
長文のうえに話飛躍しすぎ

お前が医者にかからんのは勝手だが、偏った思想をばらまくのはやめろ
#-|2016/12/09(金) 14:33 [ 編集 ]

コメ欄読むと、どさくさで同意書とか…
こっちが動転してるのをいいことに卑怯すぎる病院も世の中にはあるんだな。
普通の病室が満室だっていう証明書の発行とか無いのかね。
患者側にしたら、命を盾に病院のいいなりになるしか無いなんて、身代金取られるみたいなものだよ。
#-|2016/12/09(金) 19:16 [ 編集 ]

踏み倒し推奨派多いんだね
日本終わってるわ
実際問題、大部屋は常に予定入院で満床、高い個室しか空いてないことがほとんどだよ
だって日本の医療費は安いからね
みんな少しでも体調悪いと病院にかかれるから常に外来も入院も常に予約でいっぱいよ
同意書取っても金の亡者扱いされるわ
※1みたいなことを言う輩が平気で踏み倒そうとしてくるわ
命を楯に脅迫してきてるのはどっちだよ
使用したなら支払えよ
普通に個室料支払ってる人に対して不公平だと思わねーの?
自分だけが特別だとでも言うつもりか?
病院はボランティア事業じゃねーんだよ
#mQop/nM.|2016/12/11(日) 07:15 [ 編集 ]

↑勝手に個室に入れる病院側が全面的に悪い
悪徳医療関係者乙
#-|2016/12/11(日) 13:57 [ 編集 ]

↑対価を請求するのってそんなに変なことなのかな
ホテルに泊まれば部屋代発生するよな?
病院の個室だと何故それを請求したらいけないんだろう
最新の医療設備がスタンバイしてプロが異変に即座に対応できるよう寝ずに巡視してるんだがそれらは価値のない行為なんだろうか
純粋に疑問だ
#JalddpaA|2016/12/13(火) 21:46 [ 編集 ]

↑ホテルだってホテル側の都合でランク上の部屋に移動しなきゃなんない時は
差額料金払わなくていいんだぞ。飛行機だって同じ。
よく考えて納得した上での判断か、それが出来る状況かっつーのを考えろ
#-|2016/12/30(金) 04:02 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/26737-0ad5569e

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.