続・妄想的日常

おかえり。 
139 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/12/02(金)08:59:07 ID:pSg
うちの近所に、一人暮らしのお爺さんがいる。
奥さんと子供さんを事故で亡くし、その後再婚せず
病気で体が不自由になってからはヘルパーさんに来てもらってた。

でも爺さん、「妹や姪とよく電話で話ししてるから、寂しくはないね。
今更施設で知らない人と暮らすより、一人暮らしで気楽に過ごすのがいい」と言ってた。
たまに、「妹が送ってくれたんだ」と言って、美味しい果物のおすそ分けをくれたし
「お礼にこっちの旨いもん送るんだ」とニコニコしてた。
亡き子の代わりってわけじゃないけど、姪の成長が楽しみだ、
今は体が不自由だから外出できないけど、昔は待ち合わせて食事に行ったりしたんだよ
今度の正月には寄ってくれるらしいから、上等の肉でも用意しようかな、なんて言ってた。

そんな爺さんが先日倒れて意識不明になった
たまたま発見したのが自分で、成り行きで救急車に乗って病院に付き添った
幸い爺さんが財布に妹さんの電話番号書いたメモ入れてくれていて
それ見て電話したら出てくれた、でも話しを聞いて衝撃だった。
「兄とはもう何十年も会ってないし、電話もごくたまに、ほんの数分安否確認するくらいで…
うちの娘も、兄とは幼い頃に2、3回会ったきりなんですよ
そっちに、家族同様に親しくしてる方がいると言っていたんで
その人が万一の時の世話をしてくれると思っていたんですが…」 だって。
妹さんのほうも、兄は家族同様の人と楽しく暮らしてると思っていたと、ショックを受けていた。

爺さんのケアマネさんが駆けつけてくれたんで、自分はそこで病院から帰ることができたけど
帰り道でいろいろ考えちゃったよ
爺さんがよく話してくれた、妹家族との心温まる交流話、あれなんだったんだろう
果物は、本当は誰が送ってくれたんだろうとか。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そこに写ってるのは誰と誰です?
2016/12/06(火) 12:16 | URL | #V4rYaZBU[ 編集]
確かに写ってたんだ
俺の姪、まるで天使みたいに笑って
2016/12/06(火) 12:26 | URL | #-[ 編集]
疑似体験も夢も、存在する情報はすべて現実であり、そして幻なんだ
2016/12/06(火) 12:48 | URL | #-[ 編集]
いやあすごいよくわかるわ。もしかしたら俺も年取ったら同じようなこと言ってるかもしれん。さびしいから近所付き合いはしていたいけど、何かしてるわけでもなく、全てを失った抜け殻がただ息をしてるだけみたいな見られ方されたくない。皆さんと同じく程々レベルに充実してますアピールしてニコニコおだやかに暮らしたいかも。
2016/12/06(火) 13:40 | URL | #-[ 編集]
やめてよ…
2016/12/06(火) 13:49 | URL | #-[ 編集]
攻殻機動隊でもトータル・リコールでもインセプションでもいい
脳内世界で生きられる世界はよ
2016/12/06(火) 14:01 | URL | #-[ 編集]
周りに寂しい爺さんだななんて思われたくないから見栄を張るなんて普通にあること
2016/12/06(火) 14:08 | URL | #-[ 編集]
おすそ分けも買った物かもね・・・
2016/12/06(火) 14:11 | URL | #-[ 編集]
遠距離恋愛
妄想
見栄

どれだ
2016/12/06(火) 14:35 | URL | #-[ 編集]
家族同様の親しい方はいたんだろ
どっかの時点でボケてしまって、その人を妹と思い込んじゃったんだよ
果物を送ってくれた人も旨いものを送られた人もどこかに実在すんだよ
きっとそうなんだ…
2016/12/06(火) 14:44 | URL | #-[ 編集]
155 :名無しさん@おーぷん :2016/12/02(金)21:19:02 ID:pSg
139だけど、レスくれた人ありがとう。
爺さん息を引き取ったそうだ。
毎年父の日に姪さんから送られてくるプレゼントの話とか、思い出すと複雑な気持ちになったけど
そうだよね、それで幸せだったんなら良いんだし、爺さんの中ではそれが真実だったんだ
そう思ったら気が楽になった
そういえば、あの人ずっとマンガの絵が付いた古いスプーンを使ってたけど
あれ亡くなった子のなんだろうなって思い出して
ケアマネさんに話したら、取りに行って棺に入れてくれると言ってた
人の死に接しちゃうと、自分の時にはどうなるだろうなんて想像しちゃうね
2016/12/06(火) 15:21 | URL | #-[ 編集]
※10
リアルにそうなんじゃないかと思った
んでどういう人かってーと詐欺師で
2016/12/06(火) 22:58 | URL | #-[ 編集]
※12
あり得るけども、「なんか話がかみ合わないけど、お年寄りだし合わせてあげよう」ってのも十分ある話だよね

人の区別がつかなくなるって認知症ではよくある話。看護師さんを娘だと思い込んだり。詐欺師とも限らないさ
2016/12/07(水) 02:49 | URL | #-[ 編集]
ニートジジイになると年に2~3回の数分でもよく話すって感覚になるし、中元歳暮だけでもしょっちゅう贈り物し合う仲になるよ
でも架空の予定を語り出す事は無いからボケたか壊れたかしてたんだろうな…
2016/12/07(水) 16:40 | URL | #-[ 編集]
「会社の先輩」って怪談を思い出した
面倒見はいいけど奥さんと子供の話をしょっちゅうしてる先輩がいるけど、その両方ともがとうに亡くなっていて
ある飲み会の後、べろんべろんに酔った先輩を自宅まで送ったところ、当然家は真っ暗
先輩が「あれ~?先に寝ちゃったかな?」と言いながら玄関開けると奥からトタタタ…と足音が
嬉しそうに家に入る先輩見ながら(一体先輩は何と暮らしてるんだ…?)とぞっとしたオチは違うけど
2016/12/07(水) 19:20 | URL | #-[ 編集]
ドーデの「コルニーユ親方の秘密」だったかな
とうの昔に時代から取り残された水車小屋で
「今日も粉ひきの注文がいっぱいだ!」って周囲に吹聴しながら
実は空っぽの臼を回し続けてるおじいさんの話・・・
2016/12/07(水) 20:52 | URL | #-[ 編集]
こうやって継続的に嘘をつくだけで他人の干渉をふせげるなら安いもんだ、と思っていただけだろ。そういう人間は数は少ないかもしれんがいることはいるぞ。
2016/12/08(木) 08:25 | URL | #-[ 編集]
その爺さんの遺産はあんたがもらえる可能性が高い
遺留分なんて条件揃ってこその権利だし
今の遺産に貢献してないなら殆どもらえない
あんたかヘルパーさんがその親しい人なら結構貰えるぜ
最近遺産相続に巻き込まれて勉強したんだね
間違いないよ
2016/12/13(火) 21:29 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/26727-d856f228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック