続・妄想的日常

おかえり。 
242 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/11/30(水)12:06:27 ID:tWj
うちの兄はオタクなんだけど、家族に内緒で同人誌やグッズの販売をしてたらしい
去年は何かブームに乗ったらしくて、収入がかなりあったみたいで、確定申告の書類を用意してたら
うっかり玄関に置き忘れて、父親のものと勘違いした母親に見られてしまった

母親が「この収入はなんだ、いけないことをしてるんじゃないか」と変な方向に猛烈に心配したせいで
兄がどういう商売で得たお金なのかを説明しなきゃいけなくなった
実家暮らしで生活リズムを把握されてるから、副業バイトをしてないのはわかってたし
今にして思えば、ネットで副業とか言えばよかったのに、兄も慌てちゃって正直に白状してしまった
でも同人誌を売ってます、じゃ母親には通用しなくて、私もフォローしたけど結局裏目に出ちゃって
最終的に売り物を両親の前に披露しなきゃいけなくなった(18禁のロリ)

途中で察した父親が「俺が男同士話をつけるから」と母親と私を排除してくれたから
母親が際どいものを見ることはなかったのが不幸中の幸い
母親に「あんた何か知ってるんでしょ?」と問い詰められたから、とりあえず同人のことを説明して
オタク商売のものは高額だから、売れたら結構な収入になるかもって言った
ただ収入を得るためには、出費もあるんだよって余計なことを言ってしまったせいで
また母親が変に心配してしまって「経費として処理できるものなの?」とかよくわからないことまで
気を回し始めて面倒だったorz

あの件があって以来、それまで仲良くなかったはずの父と兄の関係が改善されたorz
今年のお盆には一緒に泊まりで東京に行ってしまって、年末も行く予定だとかで母親が呆れてる
お盆には、父親が「おまえ、キャスターつきのバッグ持ってたよな?」と聞いてきたので
「これなら本もたくさん入るし、鍵もかかるよ」とキャリーバッグを貸したら感謝されて
東京バナナをお土産に買ってきてくれた

アラカンにしてコミケデビューって、お父さんどうなんですかそれ


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アラ還

「アラウンド還暦」の略で、還暦(60歳)前後であること。
「 アラサー」「アラフォー」から派生した俗語。

「 鞍馬天狗」シリーズで知られる役者・嵐寛寿郎の愛称「あらかん」
を知っている世代、という意味合いも含まれているとされる。
2016/12/06(火) 12:45 | URL | #-[ 編集]
アラウンド棺桶かと思ってた

親父さんのバイタリティすごいな
2016/12/06(火) 13:07 | URL | #-[ 編集]
アラ棺じゃ全世代適用されちまう

コミケとかだと懐かしジャンルとか渋い批評本とか
エロに限らず楽しめるものもあるからな
カーチャンに心配されない程度にオタクライフ楽しんで貰いたい。
2016/12/06(火) 13:42 | URL | #-[ 編集]
そのぐらいの年だと守備範囲広いのね・・・

儲かる同人屋はしっかり経費記録してるよね?
たまたま同人が当たった(売れた)後に
税理士がやって来たなんて、よくある話。
2016/12/06(火) 14:24 | URL | #-[ 編集]
※1はできる男(女)

コミケはエロ関係だけじゃないから、昔の趣味人なら通じるとこもあると思うよ
缶詰食べ比べ同人誌とかもあるし
2016/12/06(火) 14:52 | URL | #-[ 編集]
趣味の世界だから年とった男には理解できるのかもな
女性はどうなんだろ?
2016/12/06(火) 16:49 | URL | #-[ 編集]
創作創作
2016/12/06(火) 21:00 | URL | #-[ 編集]
※6
年取ってから始めた習い事でものすごい才能発揮するとかよくあるし
姑がヲタ嫁にすすめられて乙女ゲにはまったなんて話も聞くし
可能性はあるんじゃないか?
2016/12/06(火) 21:03 | URL | #-[ 編集]
阿羅漢
2016/12/06(火) 22:56 | URL | #-[ 編集]
60くらいってちょうどヤマト世代じゃない?
今では還暦の父が、ヤマトや999の新しいやつを見てるって母が以前言ってたっけ
思えば、幼い頃に父が作っていた戦艦大和のプラモデルって、そういうことだったんだろうなぁ
2016/12/07(水) 00:44 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/26723-d5895b3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック