続・妄想的日常

おかえり。 
115 名無しステーション 2016/11/24(木) 21:43:36 RJq6aRqF0
脳切ったらどうなるの?

206 名無しステーション 2016/11/24(木) 21:45:33 AFvpJM1u0
>>115
脳下のオペ看やってた友達に聞いたけど
想像もつかないことが起こるらしい
脳の中のどこかをちょっと抑えただけで頬の痙攣がとまらなくなったり

256 名無しステーション sage 2016/11/24(木) 21:46:30 SbNf3AgPa
>>206
赤井英和は自分の脳をさわってうえーってなるのを楽しんでたとか



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
面白そう
試してみたい
2016/12/04(日) 15:06 | URL | #-[ 編集]

やめとけ。元に戻るとは限らんぞ

…まさかとは思うが、他人にやるって話なら一刻も早く病院に行ってくれ
2016/12/04(日) 16:05 | URL | #-[ 編集]
脳を触ると吐き気がくるんだっけ
2016/12/04(日) 18:27 | URL | #-[ 編集]
坂本竜馬
坂井三郎
2016/12/04(日) 19:02 | URL | #-[ 編集]
あっあっあっ
2016/12/04(日) 20:24 | URL | #-[ 編集]
脳のどこだったかの部分を触ると怒りの発作が起こることがわかってるんだっけ
そう聞くと人間の感情も結局物質の作用なんだなーと思う
2016/12/04(日) 20:54 | URL | #-[ 編集]
左脳と右脳を繋いでる脳梁を切断すると、人格が二つになるとか
2016/12/05(月) 01:02 | URL | #-[ 編集]
Open the 脳 touch the 脳
だったっけな>赤井
2016/12/05(月) 03:40 | URL | #-[ 編集]
これ思い出す↓


ゴールデンウィークの事でした。

地元の山岳会に所属している私は、同じ会の仲間数人と泊まりがけでK岳へ登山へ行きました。

途中にある山小屋で一泊し、翌日の朝に山頂を目指す計画になっていました。

二日目、山の尾根を歩いていると仲間の一人が強風に煽られ滑落してしまいました。

300メートルは落ちていったでしょうか

(だめかな)

と思ったのですが、奇跡的に助かったようで、手を挙げてこっちらに助けを求めているようでした。




私たちは慎重に砂利の斜面を下っていきました。

途中には生々しい血の帯がついていました。

仲間の元へたどり着いた私たちは息を呑みました。

生きているのですが、頭蓋骨が滑落の摩擦で削れてしまっていて、脳が剥き出しになっています。

落ちた仲間は

「う…あ…」

と弱々しい声を出していました。

私は一応リーダーでしたので、他の仲間の了解をとって、そのあたりに生えている木の枝を折って、滑落した仲間の脳に突き刺し、数回かき回しました。

しばらくするとピクリとも動かなくなったので、山岳救助隊に無線を入れてヘリを飛ばしてもらいました。

もう絶対助からない人間にとどめを刺すのは、山では常識的に行われています。
2016/12/07(水) 18:22 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/26708-b86c7904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック