FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


生まれて初めてバイト

2006/12/13(水) 18:35:14
84 名前:名無し職人[sage] 投稿日:2006/12/13(水) 01:58:26
今日、生まれて初めてバイトに行ってきた。
高校終わり頃から引きこもりはじめ、附属だからエスカレーターで大学に
いくものの、オタでキモな俺は誰かと会うのが苦痛で、最初の1年はほとんどを無駄に過ごした。

今年になって、だんだん「これじゃだめだ」と思うようになり、大学にも
ぼちぼち通いだした。
小遣いくらいは自分で稼ごうと思ってバイトを探して、荒療治だけどここでやらないと
もう後がないと思い、コンビニのレジに申し込んだ。

生まれて初めての面接でとても緊張した。
どもりながら、一生懸命話したつもり。
後日、採用の電話が来た時は腰が砕けそうになった。

そして今日。
研修ということで従来の二人勤務に自分が加わる形でバイトが始まった。
1つ上と2つ上の男の先輩で、どちらも系統こそ違うが整った顔立ちだった。
「俺みたいなのはきっと蔑まれるんだろうな」と鬱々になっていたけど、
2つ上の人は、俺の目を真っ直ぐ見て、仕事上の上下はあるにしても、
人間として対等に接してくれた。
1つ上の人は、とても親しげに接してくれて、気軽に話しかけてくれた。





85 名前:名無し職人[sage] 投稿日:2006/12/13(水) 02:02:17
見た目がイイ人は性格がどこか捩れてるという先入観は見事に砕かれた。

メモ帳を取りに控え室に戻ろうとすると、中から話し声が聞こえてきた。
ひとつ前の時間帯に勤務していた女子高生2人と、商品補充を取りに行っていた
2つ上の先輩だ。

「○○せんぱぁ~い、あのヒトですか?新人のwなんかキモくないですかぁ~?w
使えなさそうw」

あぁ、そうだよな。そういう評価がつけられる外見だって自覚してた。
先輩だって内心そう思ってるだろうな。

「・・・コンビニのレジは、いつからモデル業になったよ?
使える使えないはこれから俺が判断する。
というか、俺が彼を使える様に鍛え上げるよ。
話してみても、根が悪くないのは充分伝わったし。
お前らもな、そんな年で、いやまぁ、そんな年だからだろうけど、人のいないとこで、
外見とかとやかく言うのはやめておけよ。
今のは聞かなかった事にするから。わかったな?」

86 名前:名無し職人[sage] 投稿日:2006/12/13(水) 02:05:39
思いもかけない言葉を聞いて、思わず泣きそうになった。いや、多分半分泣いてた。

するといきなり扉が開いて、先輩が出てきた。
「・・・おっと。どうした?」
「あ・・・いえ、メモ帳取りに・・・」
「そっか、熱心だな。よっしゃ、どんどん教えるからさ、頑張ってくれな。期待してるから」

と肩を叩いて売り場に戻っていった。俺は震える声を必死に抑えて俯いてたけど、
きっと先輩は気づいていたんじゃないかと思う。

バイトの仕事はとても疲れた。頭も良くないし、要領も悪い俺に、二人の先輩は
根気強く指導してくれた。

「不慣れで大変だったろ。でもまぁ、こんなのは数こなせば慣れるもんだから。
最初はできなくて当然だし、一生懸命やってくれてるしね。
俺らもサポートするから、これから一緒にやってこうな」


お世辞にも外見良くないし、要領も頭も悪い俺に、ここまで気を使ってくれる人が
いるとは思わなかった。
自分と正反対の世界にいるような人が、俺なんかを対等に扱ってくれるとは思わなかった。
見た目や印象でなく、あくまで一個の人間として、能力の得手不得手で
扱ってくれる人がいると思わなかった。

スレ違いすいません。いつもこのスレで笑いや勇気を貰っていた手前、
ここに書きたくなって仕方ありませんでした。
長文乱文失礼しました。
関連記事
スポンサーサイト



☆超おすすめ☆TB:0CM:22
<< ホーム全記事一覧人間の大きさ >>

コメント

全俺が泣いた
  #-|2006/12/13(水) 18:36 [ 編集 ]

文章から人柄の良さがにじみ出てるな
素直に応援したい
超ガンガレ!!!
774 #-|2006/12/13(水) 18:43 [ 編集 ]

オチ無しかよ。泣いた。

でも結局これ書いた奴は使えないんだろうな。
悲しいけど現実。
多分女子高生が正しい。
#4Sn8Qhv.|2006/12/13(水) 18:43 [ 編集 ]

人生において人との出会いって凄い重要だよな
俺みたいな引き篭もりが言うのもなんだけど
#3aXRcdxk|2006/12/13(水) 18:56 [ 編集 ]

泣いた…
こんなできた人間になりてえ
#-|2006/12/13(水) 19:15 [ 編集 ]

女子高生だって、
年をとれば醜くなるのにな。
その時に愚かな内面がアダになるんじゃね?
  #-|2006/12/13(水) 19:20 [ 編集 ]

先輩も尊敬できるが似たような立場としては荒治療を試みたこいつの勇気に尊敬した
俺も頑張る
  #-|2006/12/13(水) 19:36 [ 編集 ]

なんか自分の事をまるで人間じゃないみたいに卑下してるなぁ…
そこまで自分に自信を失くしちゃったんだなぁ
名無し #-|2006/12/13(水) 19:44 [ 編集 ]

いい先輩だなぁ。俺もこうなりたい
#-|2006/12/13(水) 21:30 [ 編集 ]

先輩を想像したらティンコ立った
メリ #-|2006/12/13(水) 21:54 [ 編集 ]

いい話だねぇ…

オレが企業の面接官ならこの先輩を採用する!
#-|2006/12/13(水) 22:19 [ 編集 ]

いい人と会ったな
頑張れよ
あ #-|2006/12/13(水) 23:27 [ 編集 ]

だいたい見た目がいいやつほど性格もいいだろ。
痛みを知ってるやつほど他人の痛みにはつけこむもんだからな。
幸せに育った人間の方が他人を気遣う余裕があるんだよ。
#-|2006/12/14(木) 00:14 [ 編集 ]

性格の良い人なんてこの世界にいない。逆に言えば、性格の悪い人だってこの世界にはいないと思う。
超主観の世界がいくつもあってこの世界が成り立ってるということを常に忘れてはならない。

でも、この人にとってこの出会いは一生を代えるきっかけになったんだと思うから、その先輩は第三者的観点による観測をすればこの先輩は究極なのではないかとも思う。感動したんでこれ以上はごちゃごちゃ書きません。
  #-|2006/12/14(木) 01:38 [ 編集 ]

米14
空気嫁
感動したならごちゃごちゃ書くなよ。
先輩カッコヨス、そして本人の勇気にGJ!
それだけでいいだろ。
余計なこと書かれると萎える。
#-|2006/12/14(木) 01:54 [ 編集 ]

女子高生にビシッと言ったのはナイスだけど、この先輩みたいなスタンスは仕事する上ではまあ当たり前だよな。
でも引き込もってた作者が最初に出会ったのがまともな人でよかったね。
社会経験積んで自信が生まれて変な劣等感も薄れてくといいね。
#-|2006/12/14(木) 02:38 [ 編集 ]

でもお前キモイからクビだ
台無しさん #-|2006/12/14(木) 03:05 [ 編集 ]

↑そんな事いわれちゃったの?カワイソス
名無しさん #-|2006/12/14(木) 04:04 [ 編集 ]

女子高生ならともかく20代、30代でも言ってる人多いよな…。レベル低すぎてイヤになる自分の職場が。自分も低いけどさ。大手のコールセンター。
#-|2006/12/14(木) 07:36 [ 編集 ]

こんな先輩みたいな人になりたい・・
  #-|2006/12/15(金) 14:41 [ 編集 ]

ラノベみたいなセリフ回しだけど先輩かっこいい。
#-|2007/10/22(月) 15:34 [ 編集 ]

俺もがんばろう・・・
#-|2008/06/10(火) 20:44 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/2646-199ef638

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.