続・妄想的日常

おかえり。 
84 名前:彼氏いない歴774年@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/10/17(月) 18:45:19.31 ID:O/ELJS/1.net
病院の待合室にて
若い女性看護師と80代くらいのじいさん

看護師「ではお電話番号お聞きしてよろしいですか?」
爺「はぁ?」
看護師「あの、おでんわばんごうを、お聞きしていいですか?」
爺「はぁ」
じいさん問診票に記入
看護師「はい、ありがとうございます。
…あ、これは郵便番号ですね。
ご自宅のお電話番号わかりますか?」
爺「はぁ、ばあさんに聞いたら…」
看護師「あ、奥様ですか?ご自宅におられますか?
ではお電話を…あ、お電話番号が…」
爺「ばあさんもう天国におる」
看護師「…少々お待ちください」

不謹慎だけど笑ってしまった



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このじいちゃん、よく病院に来られたな
2016/10/18(火) 12:18 | URL | #-[ 編集]
ばぁさんに聞いたら分かるとか言うなよ
聞いて来いってのか
2016/10/18(火) 12:26 | URL | #-[ 編集]
自分の電話番号すら言えないじいさんにそんな気遣いはできん
2016/10/18(火) 13:37 | URL | #-[ 編集]
仲良い夫婦だったんだろうな、と思うと悲しくなった
2016/10/18(火) 14:20 | URL | #-[ 編集]
仲良い夫婦だった訳じゃなくて
自分の身の回りのこと全てを嫁に丸投げしてるようなクソジジイだった可能性
2016/10/18(火) 17:16 | URL | #-[ 編集]
※5
はいはい、男が悪い男が悪い
2016/10/18(火) 18:57 | URL | #-[ 編集]
アインシュタインだって自宅の電話番号は覚えてなかったぜ
2016/10/18(火) 19:00 | URL | #-[ 編集]
ばあちゃんをオーバーソウルする気だったのかもしれないだろ
2016/10/18(火) 20:11 | URL | #-[ 編集]
自分ちの電話番号も分からないようなのを生かしておく必要ないだろ
2016/10/18(火) 20:44 | URL | #-[ 編集]
ばぁちゃんオーバーソウルで不覚にもワロタwww
2016/10/18(火) 22:28 | URL | #lEPD.dko[ 編集]
※9が年をとったときに同じことをいう医者が現れて…というとこまで妄想した
2016/10/19(水) 03:23 | URL | #-[ 編集]
※7
「調べりゃ分かる事に記憶容量使ってられるか勿体無い」が
理由のお方と一緒にしちゃあかん。このじーちゃんは調べ方すら忘れとる
2016/10/19(水) 03:23 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/26376-cfa7106d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック