FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


銅像になったの!?

2016/10/07(金) 12:00:00
437 水先案名無い人 sage 2016/10/05(水) 15:58:12.06 ID:IRIGLWgv0
>>433
>https://i.imgur.com/Tm4pKkK.jpg
Tm4pKkK.jpg

銅像になったの!?

438 水先案名無い人 sage 2016/10/05(水) 16:44:17.90 ID:XitXFaMx0
>>437
8月に亡くなっちゃったから銅像にしたんだって
トルコは猫がいっぱいの良い国だね


関連記事
スポンサーサイト



画像TB:0CM:15
<< ツインテールの別名ホーム全記事一覧ドラマと現実の区別がつかない人 >>

コメント

ちょっと痩せてるw
#-|2016/10/07(金) 12:31 [ 編集 ]

猫「体重はすんごい増えました」
#-|2016/10/07(金) 12:49 [ 編集 ]

似てねえwww
#Mv15Fe36|2016/10/07(金) 13:01 [ 編集 ]

日本によくある等身大像じゃなくて、アート作品のモデルって感じか。
#-|2016/10/07(金) 14:12 [ 編集 ]

エジプトっぽい顔になってる
#-|2016/10/07(金) 14:35 [ 編集 ]

別の画像で、猫の前にお茶をお供えしてるやつを見た。猫の手にブレスレットをもたせてたり。
みんなに愛されてた猫だったんだね
#-|2016/10/07(金) 14:49 [ 編集 ]

イスラム国は猫ばっか
ムハンマドが猫好きだったからインドの牛と一緒の扱い
#-|2016/10/07(金) 14:55 [ 編集 ]

お好み焼き屋の主人は剥製にした
#-|2016/10/07(金) 15:02 [ 編集 ]

あの写真の時だけじゃなく常時あの体勢だったとか
町の人からも観光客からも愛されてたそうで
#-|2016/10/07(金) 15:45 [ 編集 ]

よく見たら大きさもだいぶ違う気がするんだけど
#-|2016/10/07(金) 18:22 [ 編集 ]

ぶっちゃけ死後も観光資源にしたいからだろ。
#-|2016/10/07(金) 19:55 [ 編集 ]

名物野良猫だったみたいね
#-|2016/10/07(金) 22:05 [ 編集 ]

例え死んでしまっても大好きだったという気持ちが
こうやって後に残るんだよ
#-|2016/10/08(土) 01:52 [ 編集 ]

ちょっとトルコ行ってくる



え、中洲じゃないの?
#-|2016/10/08(土) 03:14 [ 編集 ]

生命を装飾品のように自分のペットにする、人間は本当に残酷だ。
どんな生物もペットになるために生きているわけじゃないのに……
人間にとって都合の良い生命を生むためにどれだけの犠牲があるのか???
その残酷さに気づかないなんて、人間は相当に傲慢で頭が弱い
#-|2016/10/09(日) 23:03 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/26288-aca5996c

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.