FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


幸せの形

2006/12/10(日) 01:48:29
66 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2005/09/02(金) 00:59:33
小学4年の時、何かの事情でお祖父さんと二人暮しの女の子がいた。
ある日、そのお祖父さんが倒れて救急車で運ばれた。その子が泣き叫ぶ姿が印象的だった。
お祖父さんは結局そのまま亡くなってしまった。

ちょっとして学校に出てきてが、友達や先生が心配してもダンマリ。
先生が「可哀想に、みんなで励ましてあげないといけないよ。」と言った途端、
「私、可哀想なんかじゃない!可哀想なんかじゃないから!」と泣き叫んだ。

不思議にそれ以降のその子の思い出は無い。転校でもしたんだろう。
彼女は可哀想なんかじゃない、幸せの形は幾通りもあるのだ。
そう思いたくて仕方がなかった。

関連記事
スポンサーサイト



泣けるTB:0CM:14
<< 「ありがとう」といえた日ホーム全記事一覧救いが無い・・・・ >>

コメント

せつない。・゚・(ノД`)・゚・。
  #-|2006/12/10(日) 08:31 [ 編集 ]

刹那い。・゚・(ノД`)・゚・。
#-|2006/12/10(日) 10:52 [ 編集 ]

先生駄目だろ
名無しさん #-|2006/12/10(日) 11:28 [ 編集 ]

節子やない。・゚・(ノД`)・゚・。
#-|2006/12/10(日) 11:29 [ 編集 ]

これは先生いかんな
幸せになりたい人に向かって「かわいそう」はないだろ…
#-|2006/12/10(日) 14:32 [ 編集 ]

童貞だけど幸せだお
名無しさん #cInPZIZk|2006/12/10(日) 16:00 [ 編集 ]

「可哀想」って、上から下への目線が大前提じゃん。ムカツクな。
#-|2006/12/10(日) 20:13 [ 編集 ]

同情されると傷付くものだということも知らない馬鹿に限って教師なんだよね
  #-|2006/12/10(日) 22:45 [ 編集 ]

可哀想とかいう言葉には吐き気がする
上から目線は悪口よりきつい
それで子供がひねくれたらどうするんだよ・・・
  #-|2006/12/10(日) 23:25 [ 編集 ]

『レッテル張り』
サヨクと教師の得意技
  #-|2006/12/10(日) 23:27 [ 編集 ]

強く生きて
  #-|2006/12/11(月) 13:26 [ 編集 ]

「可哀想」って犬猫にだけだろ、使っていいの。
#-|2006/12/12(火) 02:08 [ 編集 ]

自分に対しても使っていいと思うよ。
誰も慰めてくれる人がいない時の最終手段としてだが。
#-|2006/12/12(火) 04:42 [ 編集 ]

『おじいさんが原因で自分が“かわいそう”になった』、って事になったら、おじいさんが安心できないって考えもあったのかもね
ぷ #-|2009/01/21(水) 22:16 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/2619-94727a5f

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.