FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


お前の願い事をなんでもかなえてやろう

2016/08/23(火) 12:00:00
694 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2016/08/21(日) 08:05:33.19 .net
ある男が道具屋で買った古いランプをこすると、中から魔人が現れた。

「お前の願い事をなんでもかなえてやろう」
「ええと、死ぬまでに一度月に行ってみたいんですが、ロケットは墜落が怖いんです 
 歩いて月に行けるよう、橋をかけてくれますか?」
「月まで橋をかけろ? そりゃ、ワシにも大仕事だ。なんかもっと簡単な願い事はないの?」
「そうですか・・俺の彼女ですが、何を考えてるのか全然わからない時がよくあるんです。
 『女の考えること』が理解できるようになりたいんですが」
魔人は頭をかいて、しばらく考えていた。
「おい、あのな・・さっきの月に橋をかけろって話だが、ちょっと時間がかかってもいいのか?」


関連記事
スポンサーサイト



ネタTB:0CM:15
<< 吉田沙保里が負けたのではないホーム全記事一覧福島被災地で >>

コメント

性別を女にしてやれば解決するよね
#-|2016/08/23(火) 12:20 [ 編集 ]

私ババァだけど、職場のゆるふわちゃんについてけないので性別変えてもたぶん無理
#-|2016/08/23(火) 12:30 [ 編集 ]

女の考える事というか基本他人の考えもわかんないもんだ
#-|2016/08/23(火) 12:35 [ 編集 ]

魔神超いい人な
通りすがり #-|2016/08/23(火) 12:37 [ 編集 ]

1.魔人の思いやり
2.月に橋をかけるほうが楽

アスペですまん。どっちなのかわからん。
#-|2016/08/23(火) 13:18 [ 編集 ]

※5 2.
#-|2016/08/23(火) 13:29 [ 編集 ]

2でファイナルアンサー
#-|2016/08/23(火) 14:18 [ 編集 ]

この話が分からない理由が分からない俺もアスペ?
#-|2016/08/23(火) 15:43 [ 編集 ]

いや俺がアスペだ。
#-|2016/08/23(火) 16:09 [ 編集 ]

いいや俺だ
#-|2016/08/23(火) 17:36 [ 編集 ]

じゃあ俺が
#-|2016/08/23(火) 19:39 [ 編集 ]

どうぞどうぞ
#-|2016/08/23(火) 19:47 [ 編集 ]

橋がむずかしいならエレベーターでいいですよ
歩くのダルいし
#-|2016/08/23(火) 23:01 [ 編集 ]

女の考えることがわからないのは、複雑だからとかじゃなくて、女の思考は日替わり定食だからだ
魔人が毎日つきっきりで魔法をかけ続けなきゃいけなくなっちゃう
#-|2016/08/24(水) 09:21 [ 編集 ]

アップデートプログラム送信して下さい
#-|2016/08/26(金) 14:36 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/25972-fe1bc1b4

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.