FC2ブログ

続・妄想的日常

おかえり。 
807 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/29(金)14:25:11 ID:sQZ
昔、ある町が、豪雨→川の堤防が決壊→洪水で水没した
あっという間に水があふれたため、高台への避難が遅れた人たちも多く
そういう人たちは家の屋根に上って、救助を待っていた
ある家の主婦Aさんは、夫に連絡がつかず
おろおろしている間に避難が遅れ、やはり家の屋根に上がっていた
一面の泥水に覆われた町を見回していると、向こうから
ガレキの間を縫って、泳いでくる人が見えた
無茶をする人がいるなあと思って見ていると
夫だ!

(へとへとになって泳ぎ着いた夫とAさんは、手を取り合って泣いた)
……とはならず、Aさんは屋根に上がってこようとする夫を、水の中に蹴り落とした

実は夫は会社を休んでウワキ相手と遊んでいたら
洪水になって家に帰れなくなった
雨が止んだところで「キミが心配で、危険だとはわかっていても」と
Aさんにアピールするために、わざわざ泳いできた
だけど夫の会社とは連絡がついていて
夫がAさんに内緒で有休をとっていたことがばれていた
(ウワキに関しては、その前からいろいろ怪しかったらしい)

「洪水離婚」として、うちの一族に語り伝えられている話


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
???「ナイスキック」
2016/07/31(日) 14:07 | URL | #-[ 編集]
上の話とは逆だな~
2016/07/31(日) 16:20 | URL | #-[ 編集]
震災関連ではよくある話っぽいらしいね
良くも悪くも人の心を浮き彫りにする
2016/07/31(日) 19:29 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
殺人者にならなくてよかったな
2016/08/01(月) 00:43 | URL | #-[ 編集]
Aさんってうちの一族なん?
2016/08/01(月) 20:57 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/25814-d060e24c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック