FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


02月 | 2019年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


声優の結婚隠し

2016/07/20(水) 12:00:00
63 名無しさん@どーでもいいことだが。 sage 2016/07/13(水) 02:02:42.13 8dNPQWVE
リアルで付き合いの人に隠してたのならともかく
事務所が知ってるならファンに話ないのは隠してたとかそういうレベルじゃないだろうに
どうしてたかがファンにまでプライベートなことを全部話さないと隠したことになるんだ

76 名無しさん@どーでもいいことだが。 sage 2016/07/13(水) 03:27:19.06 Yu9qLd5H
>>63
自分は彼を長い間応援して支えてきたのだ、他ならぬこの自分が彼の恩人なのだ
彼も自分に感謝してるはずだ、だから彼は自分に何もかも教えているはずだという幻覚が
個としては存在すら認識されてない赤の他人だという事実を突きつけられて崩壊し
発狂するファンは一定数いるらしい


関連記事
スポンサーサイト
その他TB:0CM:8
<< 張り込みホーム全記事一覧事故物件 >>

コメント

奥さんいいなーとは思った
というかググればけっこう前から結婚してる?くらいの記事見つかるから驚かなかった
  #-|2016/07/20(水) 13:04 [ 編集 ]

声優といっても色々だからな。顔出しもラジオもやっててあれはない。
TOKIO見習ってほしいわ。
#-|2016/07/20(水) 15:38 [ 編集 ]

神谷の場合嫁があれだけオープンで隠す方針のわけないし
モテないアピくらいは真に受けんだろうけど既婚が独身アピ
くだらないことでも嘘を感じられると不信感持たれるのは仕方ない
  #-|2016/07/20(水) 21:39 [ 編集 ]

あれだけ面白い事次から次へと考えつける漫画家さんと結婚したら
楽しいだろうなあ、いいなあと思った(こなみかん)
#-|2016/07/20(水) 22:43 [ 編集 ]

アイドル声優してるからプライベート隠すってのはいい
だが、独身宣言しながら自分に惚れるようアピール続けてたから隠し事で済まない騒ぎだ
#-|2016/07/21(木) 12:46 [ 編集 ]

鈴村夫妻みたいに情報を小出しにしてファンを慣れさせてから結婚ってのが、
一番荒れない方法なんだろうなあ
#-|2016/07/21(木) 20:38 [ 編集 ]

声優には疎いのでこの人も知らんかったけど、
嫁がマンガ家の中村光だと聞いてびっくりした。
#-|2016/07/21(木) 23:54 [ 編集 ]

べつに結婚は発表してもしなくてもいいよ
おめーのいう通り赤の他人のファンになんか言いたくないなら自由だよ
でもなー俺モテないんですよーーバレンタイン一人だったんですよーーって嘘しゃべりつづけてるラジオ何年も聞かされてるファンの身になってみろや
政治家にしろ芸能人にしろ公式の発言で平気で嘘つきつづけられる奴にろくなのいねーじゃん
#-|2019/01/13(日) 05:30 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/25734-c1ad9d37

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.