FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


なんで女の話って回りくどくて中身が無いの?

2016/06/26(日) 12:00:00
775 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/06/23(木) 18:54:56.35 ID:xySKzrew.net
なんで女の話って回りくどくて中身が無いの?

108 名前: バズソーキック(dion軍) :2016/06/19(日) 16:43:18.53 ID:XVOzKBB90
しかもちゃんと聞いてないと怒るしな
聞くほどの内容でもないくせに

117 名前: グロリア(catv?) :2016/06/19(日) 16:51:08.66 ID:yNU4LMQP0
局所的にしか物事を見れないからじゃないのかな
結論から先に言う
こんな簡単な事も出来ない 
余分なディテールを延々としゃべり結果まで聞く気になれない

206 名前: トペ スイシーダ(やわらか銀行) :2016/06/19(日) 17:54:26.25 ID:jUpnVKa50
中身のない会話に共感したりうなずいたりすればいいと思ってる男多いけど
話を膨らませてやる悪口や突っ込み入れて笑わせる
これが出来たらパンツに手を掛けたも同然

22 名前: 毒霧(家) :2016/06/19(日) 16:01:26.79 ID:rfBeCRH60
中学くらいで女と話す時は相槌だけ打てば良いと気付いた

778 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/06/23(木) 20:06:43.50 ID:LgyjvXYl.net
>>775
前にタモさんが話してたけど、喫茶店でコーヒー飲んで時間潰してたら
隣の席にずっと一人で新聞読んでる男がいて、雰囲気が普通の人と違って
面白そうだから観察してたら、実はヒモだったんだって。女は一人で
デパートに買い物に行っているらしく、ヒモは帰りを待っていた。
やがて女が戻って来て、買い物にまつわるどうでもいいにもほどがある
些細な話をくどくどと始めた。そしたらまあ、ヒモの相づちの打ち方の
上手なこと。さらにある程度話が付いたら、どんどん話を膨らませて
女は気持ち良くなってベラベラと豆粒みたいな話題で1時間くらい喋っていたと。
「俺にはできないね」と笑ってた。


関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:24
<< グラビアは廃れて当然ホーム全記事一覧銀魂のせいで新撰組のイメージ悪化した >>

コメント

はいはい
#-|2016/06/26(日) 13:10 [ 編集 ]

わかったわかった
#-|2016/06/26(日) 14:03 [ 編集 ]

へーそうなんだ、それで?
#-|2016/06/26(日) 16:17 [ 編集 ]

男のほうが言語野が未発達だから、要点かいつまんだ内容しか理解できないだけだよ
膨大な情報量を日常的に交換することで協調力を発達させるってことが出来ない
#-|2016/06/26(日) 18:37 [ 編集 ]

※4
クリでかいくせにうるせぇよ
#-|2016/06/26(日) 19:59 [ 編集 ]

ステレオタイプな言い方で恐縮だけど、中身のない話多い人って
専業主婦に多い気がする(すべての専業主婦とは言ってない)。
他人とあまり関わらないから話術が磨かれないんじゃないかな。
仕事してると話の要点をかい摘んで話すことを常に要求されるし。
仕事してるのに内容の無い話を延々と続ける奴は
仕事できない、これは例外なく。
これは女性だけでなく男性もね。
#-|2016/06/26(日) 20:04 [ 編集 ]


私仕事してるけど
帰宅してからどーでもいい話を長々と旦那にするの大好きw
旦那はテレビ見ながら「ふーん」としか言わないけどその時間が幸せ
友達や職場の人にはどーでもいい話あんまりできないから。旦那には申し訳ないけど何よりの癒しタイムになってるよw
仕事できるかどうかは自分ではわからん。
#-|2016/06/26(日) 20:13 [ 編集 ]

まあ関東の男も
関西の女から
そう思われてるんですけどね
#-|2016/06/26(日) 22:00 [ 編集 ]

※5
お前、※4を証明しちまってるぞ
普通に反論すればいいのに、わざわざ下品で頭の悪い性的な罵倒で返すって
正に言語野が未熟で愚かな証拠じゃないか
#-|2016/06/26(日) 22:10 [ 編集 ]

※9
この前の記事にあったネタだぞ
#-|2016/06/27(月) 01:20 [ 編集 ]

×女の話
○>>775のカーチャンの話
#-|2016/06/27(月) 02:38 [ 編集 ]

※10
そういう定形ワードやネタでバカにしておけば優位に立てると思ってるのが男の言語野の乏しさ
男の子と女の子が口喧嘩すると、男の子は「バーカ」「ブース」しか言えない
立て板に水で相手を滅多くそに論破するのは女の子の方
大人になっても、大体男が女に何か言う時は「女は感情的だから」「屁理屈を言うな」「今はその話をしてない」の三つが基本でバラエティがない
あとは大声で萎縮させてるだけ
#-|2016/06/27(月) 06:43 [ 編集 ]

あたし女だけど、※11なんか見るとこういう人に「うるせーバーカ」って言いたくなる気持ちわかるわあ
#-|2016/06/27(月) 07:34 [ 編集 ]

いわゆる女同士の中身ない話って、水面下で心理戦が繰り広げられたりしてる恐ろしいものではないか
#-|2016/06/27(月) 10:58 [ 編集 ]

毎日毎日オンナガーと中身のない悪口をしてる癖に
これで自分たちは論理的でサバサバしてるつもりなんだから笑える
#-|2016/06/27(月) 12:40 [ 編集 ]

そもそも世の中の雑談に中身のある会話なんてどんだけあるのか
宇宙の起源についての話でもすればいいのか
#-|2016/06/27(月) 13:33 [ 編集 ]

ネタにマジレスだと指摘されても弁えず
必死に反論してる気になってる哀れな人がおる
前日からの引用って別に定型ワードにはならんし
これを本気で女を馬鹿にしてる発言だと思ってるのは
恐らく熱心に反応してるこの一人だけだろう
#-|2016/06/27(月) 14:12 [ 編集 ]

※17
ちんこがしゃべった!
#-|2016/06/27(月) 15:14 [ 編集 ]

盛り上がってるね~
  #-|2016/06/27(月) 16:32 [ 編集 ]

タモさんをも感服させるヒモすげええええ
ってな話題で盛り上がってんのかと思ったら何ここ…
お前らほんとに記事読んだの?
#-|2016/06/27(月) 19:53 [ 編集 ]

男の会話は情報伝達だが女の会話はコミュニケーションが目的だから中身なくていいんだよ
確かに女は情報を簡潔に伝えるのが下手かもしれんが同じように男は雑談が下手なんだよ
#-|2016/06/27(月) 20:33 [ 編集 ]

でも雑談だってな、
・同じ時間を暇つぶしでもいいから過ごす
・「会話してるつもり」以外のコミュニケーションが出来ない
この2つがあって、全然違うんだよね
#-|2016/06/28(火) 08:28 [ 編集 ]

飲み屋でクダ巻いてるおっさんが延々愚痴ってるのとかよく見るけど、とても「男の会話は情報伝達」とは思えんなあ。
男女の興味のあるところが違って、興味のない事については聞く気がしないから異性の雑談がくだらなく聞こえるだけなのでは?
#-|2016/06/28(火) 18:45 [ 編集 ]

下ネタで盛り上がってる時に結論と要点だけ簡潔にまとめて話せって言われても違うんだよお前も盛り上がれよって思っちゃうからそういうことなんじゃないの(適当
#-|2016/07/09(土) 06:20 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/25597-553c1f03

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.