FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


記憶

2016/05/27(金) 12:00:00
948 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/05/17(火)12:36:06 ID:9sl
すごく小さい頃にどこか山深い場所の道を、何故か後ろ歩きしてる父親に
高々と頭上に抱え上げられてて、楽しくてキャッキャした記憶がある。

先日それをふと思い出して、帰省の際に父に言ったら、
「それは親戚の法事でG県行った時、親戚の家の近所散歩してたら、
道を横切る小熊を見つけたお前が大喜びでダッシュしようとしたのを
捕まえて抱え上げた時だよ」と言われた。

小熊がいる、ということは当然近くに母熊がいるということらしい。
母熊は小熊に手を出すモノを許さない。
その時も母熊が草の陰から私のジッと様子を見ていて、父が私を瞬殺で捕まえて、
脂汗を流しながら後ずさりでゆっくり逃げたとのことだった。

とても楽しい記憶と思ってたのが、少しも楽しくない(父にとっては)記憶だったのが衝撃だった。
「でもそんな話初めて聞いた」と言ったら、「今でもトラウマであんまり話したくない」と言われた。
それ以外にも「幼い娘(私)が旅館の大浴場でヤクザの背中のお絵かきを大声で品評し始めた」
のもあまり語りたくない記憶らしい。
本当にスマン父。


関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:10
<< ストーカー被害にあってた時に受けた衝撃の数々ホーム全記事一覧おやすみロジャー >>

コメント

グンマー
#-|2016/05/27(金) 12:18 [ 編集 ]

父が私を瞬殺
#-|2016/05/27(金) 13:01 [ 編集 ]

ヤクザのお絵かき見て話しかけにいってヒヤヒヤしたっていうのは、昔言われたことあるなw
最近はどこも刺青お断りだから、今はありえないけどw
#-|2016/05/27(金) 14:31 [ 編集 ]

※3
ところがどっこい訪日外国人の急増でタトゥーOKな入浴施設を増やしましょう!
という話が出てるので、もしかしたら近い将来またそんな子供キャッキャ親御さんガクブル
な時代が復活するかもしれないらしい。和彫りだけ駄目とも言えんだろうし
#-|2016/05/27(金) 15:38 [ 編集 ]

>ヤクザの背中のお絵かきを大声で品評し始めた

昇り龍が力強く描かれていて、良い仕事してますね~
#-|2016/05/27(金) 16:02 [ 編集 ]

G県…いったい何馬県なんだ
#-|2016/05/27(金) 20:37 [ 編集 ]

gif県の可能性も微レ存
#-|2016/05/27(金) 23:04 [ 編集 ]

子供には責任ない
#-|2016/05/28(土) 00:16 [ 編集 ]

温泉に入れ墨さんはもういないと思っていたけど、歴史あるトップクラスに有名な温泉でどーんといらっしゃった

やっぱ相当の歴史があると、いろいろずぶずぶなんだろなぁと思いましたまる
#-|2016/05/28(土) 07:56 [ 編集 ]


でかい温泉なら帳場と脱衣場が離れてるからいちいち確認しないってだけだよ

#-|2016/05/29(日) 03:14 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/25381-d6ba5803

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.