FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


よく考えるもんだ2

2006/11/28(火) 12:43:08
161 :名無し職人:2006/11/27(月) 13:33:08
せっかく作ったご飯は、手も付けられずそのまま残っていた。
せっかく作ったのに。
物凄く悲しい気分になり、私は少し泣いた。
そしてすぐに眠った。
夢の中でしか文句を言えないから。
靄がかかったような夢の世界で、私は彼の後ろ頭を思い切りひっぱたく。
手加減はしない。
そんなもの必要ない。
彼は悲しげな顔であたりを見回す。
本当に悲しげな顔で。
私が叩いた事に気付くまで、彼の首はぐるぐる回る。
首を回す内にどんどんおじいさんになっていくのに、彼は私に気付かない。
だから私は夢を見続けるのです。
何が起きても決して休まずに。


162 :名無し職人:2006/11/27(月) 13:33:56
  せ  っかく作ったご飯は、手も付けられずそのまま残っていた。
せ  っ  かく作ったのに。
物凄  く  悲しい気分になり、私は少し泣いた。
そして  す  ぐに眠った。
夢の中で  し  か文句を言えないから。
靄がかかっ  た  ような夢の世界で、私は彼の後ろ頭を思い切りひっぱたく。
手加減はしな  い  。
そんなもの必要  な  い。
彼は悲しげな顔で  あ  たりを見回す。
本当に悲しげな顔で  。  
私が叩いた事に気付く  ま  で、彼の首はぐるぐる回る。
首を回す内にどんどんお  じ  いさんになっていくのに、彼は私に気付かない。
だから私は夢を見続けるの  で  す。
何が起きても決して休まずに  。  
関連記事
スポンサーサイト



ネタTB:0CM:10
<< どこへ行かれるんですか?ホーム全記事一覧夫婦喧嘩 >>

コメント

SUGEEEEエエエEEEEEEEEEE!!!!!!!
SN #-|2006/11/28(火) 14:27 [ 編集 ]

すげーーーw
SS #-|2006/11/28(火) 14:28 [ 編集 ]

これだけの才能が1円にもならずに埋もれていく…
  #-|2006/11/28(火) 14:44 [ 編集 ]

>>162が48秒で解読し、スペースを打ち込んだことの方が驚愕なんだが・・・
名無しさん #-|2006/11/28(火) 15:41 [ 編集 ]

うん。おらも♪
#-|2006/11/28(火) 16:37 [ 編集 ]

IDないから推測だけど、本人が添削しただけじゃね?
#-|2006/11/28(火) 17:48 [ 編集 ]

どっちもすげえええええええええ
ぐー #-|2006/11/28(火) 17:48 [ 編集 ]

すごすぎwww
なんでこんなことに才能を…
#-|2006/11/28(火) 18:54 [ 編集 ]

…普通に自己レスじゃねーの?
#-|2006/11/28(火) 23:32 [ 編集 ]

自己レスする前に少しは反応見るんじゃね?
#-|2006/11/28(火) 23:43 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/2509-0b9054ed

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.