FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


【調査】新入社員で欲しいのは、「明るいバカ」or「優秀だけど暗い」 6割の社会人が選んだのは…

2016/03/13(日) 12:00:00
39 名無しさん@1周年 2016/03/11(金) 10:06:37.32 ID:lXVMmKTV0
じゃぁ明るいバカと一緒に仕事してみればいい。
許せるのはせいぜい1週間。
経験者だから分かる。
1週間で俺に対する先輩の態度がガラッと変わった。



関連記事
スポンサーサイト



バカ回答TB:0CM:12
<< 崩壊した敬語を連発しまくってたらホーム全記事一覧落ちましたよっ! >>

コメント

お前の方かよ!
#-|2016/03/13(日) 14:21 [ 編集 ]

明るいバカは一週間で切れられるけど
根暗は評価されるのに1ヶ月は最低かかるよ
#-|2016/03/13(日) 15:53 [ 編集 ]

暗い馬鹿は?
#-|2016/03/13(日) 16:40 [ 編集 ]

明るいバカの方が支持率が高いのにほんとに驚いた。
だってバカだぜ?バカなんだぜ?いる?バカ。しかも明るいって。うっざいよー?むしろ暗い方がマシだろうに。
#-|2016/03/13(日) 17:19 [ 編集 ]

言葉が通じない事のストレスを知らぬ愚かな社会人どもめ

まあ明るい馬鹿のほうが第一印象いいんだよな
日常で付き合うならそっちのほうが笑えるし
#-|2016/03/13(日) 17:25 [ 編集 ]

明るいバカと優秀な根暗が同時に配属されるとニコイチで評価されるせいで
根暗がやった仕事もバカの成果にされることがよくある
納得いかない根暗がやめて使えないバカが残ってしまう最悪パターンなうちの職場
バカとクソ上司が辞めればよかったのに
#-|2016/03/13(日) 18:03 [ 編集 ]

明るい馬鹿は「ムードメーカー」という言葉で補われるが
優秀な根暗はそもそも正当な評価を受けづらいからな
同じことが美人と不細工にも言える。「だけど美人」と「でもブス」の扱いの差よ…
#-|2016/03/13(日) 18:11 [ 編集 ]

違う、必要なのは馬鹿になれるヤツ、ホントの馬鹿はいらない。
#-|2016/03/13(日) 21:35 [ 編集 ]

仕事は結果だからねえ
明るいバカが結果残せるのは詐欺まがいの営業くらい?
まともな仕事なら優秀な根暗だよなのは当たり前
すまんが底辺ブラックは知らんわw
#-|2016/03/14(月) 04:34 [ 編集 ]

大事なのは空気が読めるか読めないかだよ
くそ忙しいときに「山田(自分)さーん!山田さーん!」「何?」「呼んでみただけですー」をやられたときはマジ切れしそうになった
#-|2016/03/14(月) 20:00 [ 編集 ]

けど、不快な馬鹿と許せてしまう馬鹿はいると思う
#-|2016/03/15(火) 03:12 [ 編集 ]

先輩からすると優秀な後輩ほどこわいものはないからな
#-|2016/03/15(火) 07:58 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/24846-7b435eb9

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.