続・妄想的日常

おかえり。 
597 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/03/02(水)00:26:21 ID:ICa [1/2]
書いてみたらちょっと長くなってしまったんですが、夫の話。

友人が結婚したのだが旦那が超モラハラ男だった。
暴力はなかったけど、女は男に尽くすべき、家事は女がやるのが当たり前という信念のもとに、
友人のやることなすこと文句をつけ、外でも「うちの嫁は本当にダメな女で~」
みたいなことを言いふらす。

明るかった友人は結婚してからあまり笑わなくなり、ガリガリに痩せた。

大事な友人が苦しんでいるのを見るのは辛くて、夫に相談した。
すると夫は「そんな全時代的な人間がまだ日本に生息してるのなら是非一度見てみたい」
と言い出したので、私夫婦、友人夫婦で食事に行く事になった。

初対面の夫の前にもかかわらず友人の旦那(便宜上A男とします)は友人の作る食事が
まずいだの掃除ができないだの言いたい放題で、私はただただ愛想笑い、
友人はうつむいて黙ってる。

女性陣の反応が薄いのが気に入らなかったのか、しばらくするとA男は夫に絡み始めた。

A「うちの嫁は洗濯も満足にできなくてさ~」
夫「じゃあ自分でやればいいじゃないんですか?」

夫の言葉に一瞬固まるA男。
ここから夫のターン。

598 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/03/02(水)00:27:25 ID:ICa [2/2]
夫「ていうか、自分が履いて汚した下着や靴下を誰かに洗ってもらうって何か嫌じゃないですか?
  俺は嫌だなぁ」
夫「さっき女は男に尽くすべきって言ってたけど、それって母親が子供の世話をするのと
  何が違うんですか?」
夫「『ママが全部やってくれるのが当たり前なのぉ~』ってのが男としてかっこいいってことですか?」
夫「社訓が『女は男に尽くすべき』だったら企業としてはブラックだと思うんですけど、
  家庭だと大丈夫な理由って何かあるんですか?」

矢継ぎ早に質問されてA男はあわあわ。
夫は普段無口で無表情だが、ものを言うときははっきりずけずけ言うので
コワモテとは違う威圧感がある。
第一印象は小柄で物静かな夫にマウンティングをかませると思っていたであろうA男にとっては
意外なカウンターだったかも知れない。

A男は「男としては」とか「家庭での役割が」とかごにょごにょ言ってたけど、
何か言うたびに夫に「じゃあそれはこういうこと?それともこういう意味?」と終始質問攻めにされ、
たじたじになっていた。
(『ママが全部~』のくだりは地味にダメージを受けたのか、そこの部分だけは必死に弁解していた)

帰り道、夫に「A男にすごい反論してたね」と言うと、
「反論じゃない、単純に疑問に感じたことをそのまま聞いただけ」
「俺は一人暮らしが長かったので、自分のことを自分でやらない人間の考え方に興味があった」
「ああまで視野が偏った人間を初めて見た。今日は貴重な体験ができた」
てな感じの答えが返ってきた。

最近友人の離婚が成立し自由の身になったので記念カキコ。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この旦那もたいがいキモいな
2016/03/06(日) 14:43 | URL | #-[ 編集]
はい、論破★
って言いそう
2016/03/06(日) 14:56 | URL | #-[ 編集]
※1-2
この夫は相手を批判してない。単に疑問を投げかけてるだけ。
勝手にダメージを受けてるA男とお前らがクズ。
2016/03/06(日) 15:01 | URL | #-[ 編集]
反論されて※1※2はあわあわ。
2016/03/06(日) 15:47 | URL | #-[ 編集]
疑問系で批判してるんでしょ
普通に「質問攻めで論破した」でいいのに
なんで「天然最強」にしたがるんだろうね
2016/03/06(日) 17:33 | URL | #-[ 編集]
男と女は明確に違うんだから役割に差異があるのは当たり前だと思うけどなあ

その友人が共働きだったかどうかで意見変わる話だよね
2016/03/06(日) 17:36 | URL | #-[ 編集]
性差もあるだろうけど、お互いに助け合うのが夫婦なのでは?
2016/03/06(日) 17:49 | URL | #-[ 編集]
※4
この旦那は自分の洗濯物を人に洗われるのは嫌なんだよね?
嫌だけど奥さんが洗うのは我慢してるの?
それとも嫌だから自分のは自分で洗ってるの?
もしくは奥さんは気にしないから旦那が奥さんの下着も洗ってるの?
どれにしたってキモイ
2016/03/06(日) 17:53 | URL | #-[ 編集]
キモイって便利な言葉だなぁw
2016/03/06(日) 18:56 | URL | #-[ 編集]
超モラハラ男という言葉だけで
実際どうだったかってのがたいして書いてないし
反論も微妙にずれてるしで
おーぷんらしいというか
微妙な体験談になってるね
2016/03/06(日) 19:06 | URL | #-[ 編集]
実際に疑問に思った上でこの質問内容になるなら周りに置きたくない人だな

2016/03/06(日) 20:03 | URL | #-[ 編集]
離婚後、友人がマジで料理も洗濯も掃除もなにもかもできないうえに、働きにでるのもいやがるダメ女だったのがわかったのが一番驚いた。
ってオチに今から変えられませんかねえ。
2016/03/06(日) 20:42 | URL | #-[ 編集]
屑男が爆釣の米欄である
2016/03/06(日) 22:13 | URL | #-[ 編集]
これで攻撃されてるように感じるやつは
どっかおかしいだろ
2016/03/06(日) 22:19 | URL | #-[ 編集]
>明るかった友人は結婚してからあまり笑わなくなり、ガリガリに痩せた。

この一文の読めない人が続出する※欄
本気で使えない女だったら旦那の方がこうなるわ。
2016/03/06(日) 22:21 | URL | #-[ 編集]
こんなことやったら余計に奥さんが攻撃されるじゃん
2016/03/06(日) 23:17 | URL |      #-[ 編集]
↑まあそういう点も含めて天然旦那なんやろ
クズの思考パターンなんて読めないし想像もつかないという
2016/03/06(日) 23:53 | URL | #-[ 編集]
※6
それが前世代的、っていうんだよ。
今は(ヒモではなく純粋な)主夫もいる時代だ。

あとコイツの場合は主婦であるか共働きであるかは関係ない。
単にステレオタイプな男女観を言い訳に嫁を抑圧して上位に立ちたかっただけ。どんな完璧な嫁でも同じことをするよ。
2016/03/07(月) 01:44 | URL | #-[ 編集]
最後の夫の言葉は、本音と建て前半々だと感じたけどね
いつもの自分とちょっと違う面を奥さんに見せちゃったけど、怖がらせないための言い訳みたいな

普段は無口って書いてあるし、友人夫婦のやり取りを見て黙っていられなくなって出た言葉だと思う
2016/03/07(月) 08:34 | URL | #-[ 編集]
※18
時代で性別の差が埋まるわけないでしょw夢見てるねぇ
2016/03/07(月) 10:09 | URL | #-[ 編集]
※20

>今は(ヒモではなく純粋な)主夫もいる時代だ。

という実例まで出されてるのに「夢見てる」って…

「現実」を見てないのはどっちだろうな。


ちなみにウチは夫婦共に掃除洗濯炊事をこなせるから、お互いの仕事の忙しさに応じて役割を臨機応変に調整してる。

夫(俺)が全ての家事を2ヶ月間にわたって行い続けた期間もあるし、

我々にとってはこれが一番合理的で自然だと納得してるからストレスは特に無い。
2016/03/07(月) 10:29 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
↑↑
性差=男はいつまでもマザコンで
家事が全く出来ないクズってことか?
男バカにしてる?

日本なんて他のアジア諸国と同じで
殆ど農耕を主体とした共働き分業が当たり前だったのに
下手に欧米を真似するから競争力が落ちるんだよ
2016/03/07(月) 11:08 | URL | #-[ 編集]
日本の男が家の仕事しなくなったの、50前年くらいから
性差はほぼかんけーなし
2016/03/07(月) 11:44 | URL | #-[ 編集]
※8と同じような疑問は持った。でもどれでも別にキモくないw
※8は旦那(男)が他人に自分の衣類を洗濯されるのが嫌だと思ってることがキモいんだろうなあ。
2016/03/07(月) 12:24 | URL | #-[ 編集]
性差で出来る出来ないって、突き詰めれば産めるか産めないか位だしねぇ
昔みたいに狩猟だ戦争だ、って筋力と闘争心が物を言う時代じゃないし
繊細さの要る仕事や家事育児は女の園、男は口出し無用! ってのもないし。
(まあそんな時代が理不尽だと感じる人が多かったから今がある訳だけど)

現代社会で暮らしててこんな主張は通らんよ。
2016/03/08(火) 00:42 | URL | #-[ 編集]
専業主婦だったとしても外で他人にパートナーの批判をすることは健全な関係とは思えない。
2016/03/08(火) 07:45 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/24802-ed9ff2ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック