FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


京都とか奈良とか掘ったらなんか出てくるからこっそり埋めるんだってな

2016/01/30(土) 12:00:00
218 公共放送名無しさん sage 2016/01/20(水) 22:28:57.83 Pu7JPlXD
>>148
長屋王の遺跡を潰して建てた奈良そごうは見事に潰れたけどな・・・
地元では長屋王の祟って噂されてるらしいなw

370 公共放送名無しさん sage 2016/01/20(水) 22:31:29.86 H+FO5mcL
>>218
「長屋王の遺跡は地中に1000年保存されていた。
 そごうは1000年の歴史を破壊するのか!」

「遺跡は1000年かもしれませんが
 そ ご う は 永 遠 で す」

説明会での会話です。
その後の経緯はご存知のとおり。


関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:9
<< 意味が重複している言葉ホーム全記事一覧こどもちゃれんじ >>

コメント

こういうのって、1Fを遺跡階にして2F以上を店舗にしたらどうなんだろう。
#-|2016/01/30(土) 12:13 [ 編集 ]

基礎作るのに結局掘り返す必要がある
#-|2016/01/30(土) 14:40 [ 編集 ]

そんな事言ってりゃ地元民に喧嘩売ってる様なもんだし
祟り無くとも潰れるのもしょうがねーな

ちょっと掘っくり返すと色々出てきちゃう土地民としては
あるあるネタとして同情しなくもないけどね
調査するとなると工期延びるし金かかるし
場合によっちゃ土地として使えないしで大変なのよ…
#-|2016/01/30(土) 15:27 [ 編集 ]

今はイトーヨーカドーになってるよね。

なお、奈良では、
家の前で鹿が死んでると大事になるから、
こっそりお隣の前に移動させるらしい。
#-|2016/01/30(土) 15:50 [ 編集 ]

傲慢のきわみの発言だな・・・
バブル期くらいだろうか?
本当にあった話かどうかは知らんが
#-|2016/01/30(土) 17:33 [ 編集 ]

米1
イタリアだったかギリシャだったか、そんな建物があったな。ホテルだったかな。
ゆとりある名無し #-|2016/01/30(土) 18:42 [ 編集 ]

東大の本郷キャンパスはもともと加賀屋敷だから、
どこを掘り返してもなんか出てくる。
この前もなんか調査してたけど、大して価値がないと分かったのか、
その後は掘り進めて単なる地面になってました。
調査にずいぶん時間も人手もかけてたから、民間の業者が
見なかったことにする気持はよく分かる。
#-|2016/01/30(土) 18:50 [ 編集 ]

>家の前で鹿が死んでると大事になるから、
>こっそりお隣の前に移動させるらしい。

延々と移動し続ける鹿の死骸…
#-|2016/01/31(日) 06:36 [ 編集 ]

悪い、教えて

長屋王って誰?
ご隠居?
名無し #-|2016/02/02(火) 20:50 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/24538-24cc78aa

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.