FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


私の旦那はイケメン

2015/12/30(水) 12:00:00
524 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/12/28(月)09:16:04 ID:dB2
私の旦那はイケメン。というかハンサム。
道を歩くと目で追われるし、友人に会ってもらうとイケメンすぎて驚かれる。
お店に行ってオマケされたり、若い店員さんは遠巻きに見て、おばさまは話しかけてくる。
学生時代は読者モデルをやっていて、相当にモテたらしい。(彼の友人談)

なぜか旦那に猛アタックされて付き合うことに。
両親に紹介したとき、あまりに私と釣り合ってなさすぎて両親がしきりに
「本当にこの子でいいんですか?間違いじゃないですか?」と聞いていた。
性格も穏やかで友だちも多く、私にいつも優しい。

そんな王子様のような彼が私のどこを好きなんだろう?と思って聞いたことがある。

答えは即答で「顔。」

ちなみに私はすごくよく言っても、サザエさん一家のような顔をしている。
丸顔なのに輪郭はゴツいし、鼻ぺちゃ。しかも短足。
爆弾岩みたいなかんじ。

結婚式のときに、出会いのエピソードで「新郎が愛らしい新婦に一目惚れ」とか言われて
親戚や友だちの白けた目に気絶しそうだった。

街を歩くと、イケメンとブスのカップルいるじゃないですか。それ、私たちです。

本当にブス専というのがいるんだと衝撃だった。




関連記事
スポンサーサイト
体験談TB:0CM:8
<< 中2の夏休み、実家の隣の空地を父が買い取って増築することになったホーム全記事一覧グーグル先生にスターウォーズ レイア姫って打ったら >>

コメント

結婚相手には本能的・遺伝的に「自分には無い因子」を求めるとも言うし…
#-|2015/12/30(水) 13:24 [ 編集 ]

子供生まれたらどっち似かな
#-|2015/12/30(水) 15:01 [ 編集 ]

524「私のどこを好きなの?」

旦那「(この顔なら浮気される心配が一切ないから)顔。」
#-|2015/12/30(水) 16:40 [ 編集 ]

凹凸がピッタリはまった感じなのかもな
ハンサムと言うからには多分濃い系のイケメンで
サザエさん似と言うからには薄い系ブだろうし
なんにせよ好きあった同士好みなら良いんじゃないかな
末永くもげろ
#-|2015/12/30(水) 17:44 [ 編集 ]

一方が美形に似て
もう一方が不細工に似る兄弟姉妹って
どんな気分なんだろうな
#-|2015/12/30(水) 19:27 [ 編集 ]

世の中の男が半分くらいブス専だったら
世界は平和になるんじゃないですかね?
#-|2015/12/30(水) 22:37 [ 編集 ]

サザエさんの風評被害
そういえば髪型がdisられてる漫画もあった
#-|2015/12/31(木) 00:47 [ 編集 ]

てめー今おれの頭の事なんつった!
#-|2016/01/03(日) 04:42 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/24332-32f60226

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.