FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


煙草といえば不思議な体験をした事があるよ

2015/11/22(日) 12:00:00
909 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/11/12(木) 20:40:48.29 ID:IaD6Zh0d0.net
煙草といえば不思議な体験をした事があるよ。

うちの会社に、先々代から勤める工員のおじいちゃんがいたんだけど、
昔気質の人で作業場でもパカパカ煙草を吸ってたの。
で、現社長が時代が違うってんで作業場の隅に喫煙所を作ったけど、
他の工員は吸わない社長に遠慮してそこをほとんど使わなかったのさ。
結局喫煙所はおじいちゃん工員の専用になっちゃって、引退するまで元気に吸ってたんだよね。

そして去年、おじいちゃん工員は心筋梗塞で他界したんだ。享年・・・は別にいいか。
それから7日後、一人残業した私は戸締りのセ○ムをしに作業場に行くと、
ほんのり煙草の匂いがしたんだ。
私には、なんとなくおじいちゃん工員が最後に仕事をしにきたような気がして、
「○○さん、もう閉めるよ」と声を掛けてセ○ムした。

次の日、おじいちゃん工員の奥さんが挨拶にきた時に昨日の話をしたら、
「旦那が夢に出た」と言うんだね。
夢の中のおじいちゃん工員は、好きな煙草を燻らせながらニヤリと笑って消えたそうだ。
ああ、やっぱり昨日は来てたんだな、死んでも仕事と煙草ってあの人らしいな、って
奥さんと笑ったよ。





関連記事
スポンサーサイト



不思議TB:0CM:10
<< 結婚してくれ!!!ホーム全記事一覧ファックユーと叫ぶのが流行ってた >>

コメント

渋いのう
#-|2015/11/22(日) 14:39 [ 編集 ]

享年・・・は別にいいか。←ならこの文自体が要らん。
セ○ム←伏せ字の必要も無い。
#-|2015/11/22(日) 16:39 [ 編集 ]

※2はなんなの?馬鹿なの?添削厨うざいよ
#-|2015/11/22(日) 18:30 [ 編集 ]

今日はなんだかケチ付けたがる読者様が多いねぇ
一服してから書き込みましょうや。
#-|2015/11/22(日) 22:46 [ 編集 ]

タバコやめて12年、他人の煙が臭くてしょうがないオレにも良い香りに思えたよ。
いい話だったな。
#-|2015/11/22(日) 23:04 [ 編集 ]

※3,4
世間は3連休だからなあ
ちょっと暇が出来たんでしょ
#-|2015/11/22(日) 23:46 [ 編集 ]

享年・・・は別にいいか。ってのが自分に酔ってる感じでスゲー寒い
#Mv15Fe36|2015/11/23(月) 00:45 [ 編集 ]

※3は何なの?馬鹿なの?ウザいの?
#-|2015/11/23(月) 04:15 [ 編集 ]

実際少し鼻に付くけど、わざわざ突っ込むほどの事でもないよね
#-|2015/11/23(月) 17:50 [ 編集 ]

麻薬中毒者は死んでも麻薬漬け。
#-|2015/11/24(火) 08:29 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/24062-607e8ccf

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.